フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介漢詩全集 三十二 | トップページ | 芥川龍之介漢詩全集 三十三 »

2012/12/26

一言芳談 四十三

   四十三

 

 敬佛房云、資緣無煩人(しえんむほんにん)も、のどかに後世のつとめするは、きはめてありがたき也。これをもておもふに、資緣の有無によらず、たゞ心ざしの有無による也。然ば、某(それがし)は資緣の悕望(けまう)は、ながく絶(たえ)たる也。たゞ後世ばかりぞ大切なる。又自然(しぜん)にあれば、あらるゝ也。後世を思ふ人は、出離生死のほかはなに事もいかにもあらばあれと、うちすつる意樂(いげう)に、つねに住するなり。佛の御心に眞實にかなひて、誠の供養なる事、たゞいさゝかも、出離の心をおこすにある也。有待身(うたいしん)、緣をからずといふことなければ、紙衣(しえ)、自世事おりにしたがひて、いとなめども、大事がほにもてなして、後世のつとめにならべたる樣に思ふ事、返々(かへすがへす)無下(むげ)の事也。

 

〇敬仏房云、資緣(しえん)の氣遣をやめよとのすゝめなり。

〇資緣、衣食住(えじきじゆう)のたすけなり。

〇悕望ねがひのぞみなり。

〇又自然にあればあらるゝなり、佛藏經の説のごとく、釋尊白毫相(しやくそんびやくがうさう)の餘輝(よき)をたまはるゆへに、成り次第にしてもなるものなり。

〇誠の供養、華嚴行願品云、諸供養中法供養最。所謂、如説修行供養、乃至不離菩提心供養。

〇有待の身、衣食(えじき)をかる血肉の身。

〇後世のつとめにならべたる樣に、今の世の僧はまづ衣食を大事として、後世の事を思はぬなり。浮世(ふせい)の小節(しようせつ)と出離い大事とをわきまふべし。

 

[やぶちゃん注:「資緣無煩人」Ⅰの本文では「資緣煩ひ無き人」と訓読している。私はⅠの方が直言としてはいいと思う。「無煩人」は心配のいらない人。

「資緣の有無によらず」Ⅱの大橋氏脚注に、「一言芳談句解」に、

峰の通ひ路にすみやき谷のけはしきに、いづみをつるも、すて人の手ばさ(き)なるべし。我雪山童子の仙人につかへたるも、資緣はなく、漁父が澤畔にさまよひしも、たすけある躰にはきこえず、たゞ有ればあらるるまでの事なり。所詮資緣によらず、心による也。

とあるとする(引用に際して正字化した)。

「有待身」Ⅱの大橋氏脚注に、「一言芳談句解」に、

有体身は無常の身をいふ。一年一月一日をおくり、まづは死をとぐる身なれば也。生死の大事と自然にあればあらるゝ世の中とを、同じく思ふは、無下の事といふ。まことに有がたき言葉なり。

とあるとする(引用はママ。「待」でなく「体」とある)。

「自世事」Ⅰは「自」がなく分かり易い。Ⅱの大橋氏は、『「みづからの世事」と読むべきか』とし、続群書類従本でも「紙衣自世事」とある、と記す。

「誠の供養、華嚴行願品云、諸供養中法供養最。所謂、如説修行供養、乃至不離菩提心供養。」の評註をⅠの訓点を参考に書き下しておく(「 」は私の推定)。

 誠の供養、華嚴行願品に云はく、「諸々の供養の中に法供養を最もとす。」と。所謂、如説修行供養、乃至、不離菩提心供養。]

« 芥川龍之介漢詩全集 三十二 | トップページ | 芥川龍之介漢詩全集 三十三 »