フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ 藪野直史 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第六章 詐欺 二 形の僞り~(2) »

2012/12/30

一言芳談 四十七

   四十七

 

 敬佛房云、後世の學問は後世者にあひてすべき也。非後世者(ひごせしや)の學生(がくしやう)は人を損ずるがをそろしき也。虵(へび)の心をば虵がしるやうに、後世の事をば後世者がしるなり。たとひわが心をば損ずるまではなくとも、人の欲をましつべからむ物をば、あひかまへてく不可持之(これをもつべからず)。

 

〇非後世者、智解(ちげ)胸に滿ちたりとも、無常を知らず、辯論世にすぐるゝとも、來生の事を思はぬ人は非後世者なり。

〇虵の道をば虵が知る、世話にいふ事なり。智論偈曰、智人能知智、如虵知虵足。

 

[やぶちゃん注:Ⅱは「學生」を「學問」とするが、Ⅰ及びⅢを採った。「蛇」の表記も同じ。

「後世者」念仏によって救われるという純粋「智」を知る者。

「非後世者」Ⅱの大橋氏脚注に「一言芳談句解」には、

非後世者の學生とは、身と口と心とあはざる學者の事をいふ。

とある(正字化した)。ところが氏は、これを『念佛行者でないもの』と訳しておられる。こうしてしまうと、浄土教以外の僧衆を指し、極めて偏狭なファンダメンタリズムに堕すように思われる。ここは前段を受けて、学識に奢った学僧を言っているものと私は解する。

「人の欲をましつべからむ物」人の欲をそそるような対象。

「智論偈曰、智人能智、如虵知虵足。」Ⅰの訓点を参考に書き下す。

 智論の偈に曰はく、智人は能く智を知る、虵の虵足を知るがごとし。

「智論」は「大智度論」(龍樹の著作とされる書で「摩訶般若波羅蜜経」(大品般若経)の百巻に及ぶ注釈書)で、これは同書の「巻第十之下」に以下のようにある。

復次唯佛應供養佛。餘人不知佛德。如偈

 智人能敬智  智論則智喜

 智人能知智  如蛇知蛇足

以是故諸佛一切智。能供養一切智

個人tubamedou氏のHP「つばめ通信」にある「大智度論門」の訓読には以下のようにある。

また次ぎに、ただ仏のみ、まさに仏を供養すべし。余人は仏の徳を知らず。偈に説くが如し、

『智人は、能く智を敬い、智論ずれば則ち智喜ぶ

 智人は、能く智を知り、蛇の蛇足を知るが如し』、と。

ここを以っての故に、諸仏の一切智は、よく一切智を供養したもう。

また、そこには以下のような現代語訳が示されてある(一部の改行を続け、字配を変えさせて戴いた)。

また次ぎに、ただ、『仏』のみが、『仏を、供養する』に相応しいというのは、その他の人は、『仏の徳』を、知らないからです。これを、歌にして説いてみましょう、――

 『智慧をもて智慧を敬い、論議せば智慧は喜ぶ、

  智慧にして智慧を知るとは、蛇なれば蛇足知るべし』、と。

この故に、『諸仏の一切智のみが、一切智を供養できる』のです。

また、「偈の別訳」として文語定型訳も併記されおられる。これも引用させて戴く。

  智慧ある人は敬わん、智慧ある人を敬わん、

  智慧ある人の論ずれば、智慧ある人ぞ喜ばん、

  智慧ある人は知りぬべし、智慧ある人を知りぬべし、

  蛇なればこそ知りぬらん、蛇の足をば知りぬらん。

この「虵(じや)の虵足(だそく)を知るがごとし」とは面白い謂いである。「蛇(じゃ)の道は蛇(へび)」の諺(この語源説には大蛇(「じゃ」)の通る道は小蛇(「へび」)さえもよく知っていると蛇の読みによる差別化した説もある)に知られた「戦国策」の「斉策」の逸話から生まれた「蛇足」(まさに本条にぴったりの、「知足」(足ることを知れ)で、余計な事や不必要な事の譬えである)を合体させてあり、謂わば――蛇は蛇だからこそ自分に足などないことを知っている、則ち、蛇のような畜生でさえ、足ることを知っているのだ――というのである。実に面白い。]

« ソヴィエト映画グレゴーリー・チュフライ監督作品「誓いの休暇」論 或いは 待つ母というオマージュ 藪野直史 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第六章 詐欺 二 形の僞り~(2) »