フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 杜戸/小壺/鷺浦/飯島 | トップページ | 芥川龍之介漢詩全集 三十一 »

2012/12/25

一言芳談 四十一

   四十一

 

 敬佛房云、遁世者は、なに事もなきに、事闕(かけ)ぬ樣(やう)をおもひつけ、ふるまひつけたるがよきなり。

 

〇なにごとも、人も道具もありあひにすべきなり。衣食住もありあひがよきなり。物をもてあそべば志をうしなふ。無ければ、なかなか心やすきなり。

 

[やぶちゃん注:これは短いが、本文は分かり難い。標註がそれを解いて如何にも分かり易いように見えるが……いや、これ、なかなか……この湛澄の在り合せで済ませなさいという解は、後に見る兼好法師の解と全く同じく、現実に堕した偽解のように私には思われるのである。

「なに事もなきに」は、如何なる事態にあっても、それに対処するに足る「もの」が全くない場合でも、の意。

「事闕ぬ樣をおもひつけ」不足しているなどと不満を漏らすことなく、対処出来ぬと思うたものを用いて――いや、寧ろ対処するに足る何物も持たないという存在のままに――何としてもその事態に対処し、切り抜けることをのみ心掛けて、の意であろう。実際には無一物即無尽蔵なればこそ如何様にも対処出来るのだという悟りをこそ、ここでは述べているように私には思われる。

「ふるまひつけたる」常に平常心で振る舞うようにする。

 なお、本条は、冒頭に示したように「徒然草」に引かれているのであるが、それは、

 一、 遁世者は、なきにことかけぬやうをはかひて過ぐる、最上のやうにてあるなり。

とあって、引用ではなく、兼好流に解釈・変形したものなのである。これは本文の謂いとはかなり異なった印象を受ける。即ち、本文の核心にある、

――無一物即無尽蔵故の自在無礙(むげ)という物質的貧の中にこそある――無限の心の豊かさをこそ、理想とせよ――

という哲学を、兼好は、よりプラグマティックに「分かり易く変造」し、

……そのぅ、まあ、なんだ、な……物がないから不自由だ、なんて思ちゃあ、これ、いけないんだ、な……ともかくも、いろいろと使えそうなものをだな、これ、自分で工夫采配してだ、な……そうして、その、何とかしてだ、な、うまく自他を誤魔化してでも、だ……所謂、辻褄合わせをして、そのぅ、何でもいいから間に合わせをして、だわ……そんな風に人生、暮らすんが、これ、最上なんだと思うんだ、な……

と述べているのである。どこかの如何にもな立志伝中の経済界偉人の名言集に出るみたような「徒然草」のこの言葉は、私には、似非も似非、所謂、噴飯物にしか、これ、思われんのだ、な。……]

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 杜戸/小壺/鷺浦/飯島 | トップページ | 芥川龍之介漢詩全集 三十一 »