フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« これがこの世―― | トップページ | 耳嚢 巻之五 蘇生の人の事 »

2012/12/17

一言芳談 三十四

   三十四

 

 又云、日來(ひごろ)隨分に、後世(ごせ)をおもふ樣なるものゝ、行業(ぎやうごふ)など、退轉する事あらば、死期(しご)のちかづきたるとおもふべきなり。

 

〇死期のちかづきたる、久からずして死すべしとおもへば修行もすゝむなり。

 

[やぶちゃん注:「行業」仏道の修行。ここでは念仏。

「退轉」修行を怠り、一度得た悟りを失って前の迷いの世界に立ち戻ってしまうこと。

「あらば」「退轉」というゆゆしき事態を提示し、更にこれを仮定形で示す時、確かに標注の言うようなパラドックスこそが本条の謂いと言えよう。――「いつか永遠に生きるために、人はしばしば死に身をゆだねなければならない。」――のであった(ドイツ・ロマンの画家カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ(Caspar David Friedrich 一七七四年~一八四〇年)の言葉。ペーター・ラウトマン著長谷川美子訳『フリードリヒ「氷海」――死を通過して新しい生命へ――』一一七頁より)。]

« これがこの世―― | トップページ | 耳嚢 巻之五 蘇生の人の事 »