フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 僕の新しい世界の扉 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第六章 詐欺 一 色の僞り~(1) »

2012/12/10

一言芳談 二十七

祈請は叶った――本日、0時0分を以って「一言芳談」の穀断ちを止めて再開する。

   二十七

 

 法然上人云、一念を不定(ふぢやう)に思ふは、念々の念佛ごとに、不信の念佛になる也。其故は、阿彌陀佛は一念に一度の往生をあてをき玉へる願なれば、念ごとに往生の業(ごふ)となるなり。

 

〇一念に一度の往生、願成就の文に乃至一念とあり。二こゑにおよばずして氣(いき)たえたらんものも生まるゝ本願なれば、一念に一度往生の德あるなり。

 

[やぶちゃん注:大橋俊雄・吉本隆明『死のエピグラム 「一言芳談」を読む』の注によれば、この一条は国宝「法然上人行所絵図」の第二十一所収の「上人つねに仰せられける御詞」に見える法語とある。因みに、この部分には実に本『「一言芳談」に見えるもの十一カ条が収録されている』とある。本作の中の十一条は実に全体の十八%を占める。

「業」は本来的にはカルマ、人の身・口・意によって行われる善悪の行為若しくは前世の善悪の行為によって現世で受ける報い言うフラットな意味であるが、日本では古くから「業が深い」という言い方で、「業」は「悪業(あくごう)」の意、専ら理性によって制御出来ない心の働きという意味で用いられることの方が多い。なお、フラットな意味にあっても人が現実世界で行う意志や意識の現実形成の作用とも同一視されており、「良き意志」「良き行為」を心掛けることが勧められる一方、実はより究極的に於いては煩悩を滅し、善悪を乗り越えることで、一切の「業」を作らないことこそが理想とされ、それが「業を滅する」等の謂いとなっていると私は考える。さすれば、この部分について、大橋氏が
『なぜなら阿弥陀仏は一声一声の念仏に一度ずつの往生を約束されている本願ですから、一声一声念仏をとなえるごとに往生のはたらきとなるのです。』
と訳されておられるのには違和感を持つ。勿論、この大橋氏の「はたらき」とは「カルマ」の原初的なフラットな謂いが込められているのであろうが、この第一文は明らかに「『たった一度きりの念仏を唱えただけで本当に往生出来るのかどうかと不安に思う』ということは、これ、一声一声の念仏がそれぞれ全く不信心な空念仏となってしまう。」であって、それに対して「其故は」と解している訳で、私は、

なぜそれが「不信心の念仏」となるのか――それは阿弥陀仏は――ただ一念――ただ一声――そのただ一度の瞬間――に対して、必往生を約束なされて誓われた本願なればこそ――『たった一度きりの念仏を唱えただけで本当に往生出来るのかどうかと不安に思う』心で念仏を唱えてしまうことは、まさしく、その業(ごう)を重ねてしまうことに他ならないからである。

と法然は述べているのだと思うのである。]

« 僕の新しい世界の扉 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第六章 詐欺 一 色の僞り~(1) »