フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 春の虹二句 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 疱瘡呪水の事 »

2012/12/01

一言芳談 二十六

   二十六

 

 法然上人云、一念十念にて往生すといへばとて、念仏を疎相(そさう)に申ば、信が行(ぎやう)をさまたぐるなり。念々不捨者(すてざるもの)といへばとて、一念十念を不定(ふぢやう)におもふは、行が信を妨(さまたぐる)也。信をば一念に生(しやう)と取て、行をば一形(ひとかた)はげむべし。

 

〇一念十念、十聲(こゑ)一聲(こゑ)。願文(ぐわんもん)には乃至十念とあり。成就(じやうじゆ)の文には一念とあり。

〇念々不捨者、善導の御釋あり。

〇行が信を妨也、口に名號をとなふるを行といひ、心に佛願をたのむを信といふ。

〇一形、一生涯のことなり。

 

[やぶちゃん注:「念仏」は『死のエピグラム 「一言芳談」を読む』及び国立国会図書館デジタル・ライブラリー版の同慶安元(一六四八)年林甚右衛門板行版「一言芳談抄」二巻本現物画像に拠る。

「疎相」麁相。粗略。軽率。いいかげん。

「不定」確かでないもの。定まらないもの。当てにならぬもの。

「願文」無量寿経の第十八願。所謂、彌陀の本願である。

設我得佛、十方衆生、至心信樂、欲生我國、乃至十念、若不生者、不取正覺、唯除五逆、誹謗正法。

(設(たと)ひ我れ佛を得たらんに、十方の衆生、至心信樂して、我が國に生ぜんと欲(おも)ひて、乃至十念せん。若(も)し生ぜずは、正覺を取らじ。唯だ五逆と誹謗正法とをば除く。)

「成就の文」同じく無量寿経の第十八願成就文。

諸有衆生、聞其名號、信心歡喜、乃至一念、至心囘向、願生彼國、即得往生、住不退轉、唯除五逆、誹謗正法。

(あらゆる衆生、その名號を聞きて、信心歡喜せんこと、乃至一念せん。至心に囘向したまへり。かの國に生れんと願ずれば、即ち往生を得、不退轉に住せん。唯だ五逆と誹謗正法とをば除く。)

「善導の御釋」『死のエピグラム 「一言芳談」を読む』の大森氏脚注では、本文の「念々不捨者」に注して『一心につねに弥陀の名号をとなえるならば、となえる瞬間ごとに弥陀は念仏者をすくいとってくださる。』と訳されて、『これは「散善義」に見える善導の釈』であると記しておられる。

「信をば一念に生と取て」『信』に於いては、一遍の念仏でも必ず往生出来る、と心から思って敬虔に唱え、の意。]

« 春の虹二句 畑耕一 | トップページ | 耳嚢 巻之五 疱瘡呪水の事 »