フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介漢詩全集 二十六 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第六章 詐欺 一 色の僞り~(6) 了 »

2012/12/21

鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 万福寺/袂浦/龍口寺/龍口明神/片瀬川/西行見帰松/笈焼松/唐原/砥上原

   万 福 寺  〔或ハ作滿〕

 龍護山ト號ス。眞言宗、手廣村靑蓮寺ノ末ナリ。開山行基。本尊藥師、行基作。義經ノ宿セラレシ所ナリト云。辨慶申狀ヲ書テ硯水ヲ捨タル所ノ池幷ニ松アリト云。馬上ヨリ望見テ過ヌ。

 〔私闇齋遠遊記ニ、辨慶書タル申狀ノ草創猶在、東鑑ニ載スル所ニハ、首尾ニ左衞門少尉ノ五字アリ、愁ヲ紅ニ作リ抱ヲ胞ニ作ル。想ニソレ淨寫シテ、コレヲ添、コレヲ改ルナラン。〕

[やぶちゃん注:「万」は「萬」としようと思ったが、変えずにおいた。割注は底本では全体が一字下げ。

「私闇齋遠遊記」不詳。朱子学者山崎闇斎(やまざきあんさい 元和四年(一六一九)年~天和二(一六八二)年)の紀行か。識者の御教授を乞う。

「草創」は「草稿」の誤りであろう。以下の異同については、私が完全校閲・比較提示したものが「新編鎌倉志巻之六」の「滿福寺」注にある。是非、参照されたい。]

 

   袂  浦

 腰越ヨリ江嶋へノ直道、南へノ出崎ノ入江ノ濱、袂ノ如クナル地ヲ云トナン。

  夫木集        讀人シラズ

  ナヒキコシ袂ノ浦ノカヒシアラハ 千鳥ノ跡ヲタヘストハナン

[やぶちゃん注:和歌を読み易く書き直しておく。

  靡(なびき)き越し袂(たもと)の浦の甲斐しあらば千鳥の跡を絶えずとはなむ

「カヒ」は甲斐と貝を掛けていよう。]

 

   龍 口 寺

 寂光山ト號ス。腰越村ノ末ニアリ。日蓮ノ取立タル寺ニテ、初ヨリ開山ナシ。祖師堂ニ首ノ座ノ石アリ。石ノ籠モアリ。日蓮難ニ遭ヒシハ文永八年九月十二日ト云リ。七坊アリ。七ヶ寺ヨリ輪番ニ勤之(之を勤む)。七坊、妙傳寺〔比企谷ノ末〕、本成寺〔身延ノ末〕、本立寺〔比企谷ノ末〕、法玄寺、勤行寺〔玉澤ノ末〕、東漸寺〔中山ノ末〕、是ナリ。外ニ常立寺ト云アリ。悲田派武藏ノ碑文谷ノ末ナリ。近ゴロ公事有テ、今ハ輪番ニ入ラズ。本堂ニ日蓮ノ木像アリ。番神堂ハ松平飛騨守利次室再興也。

 

   龍口明神

 寂光山ノ東邦ニアリ。昔五頭龍王アリ。人ヲ以テ牲トセシニ、江嶋ノ辨才天女夫婦ノ契アリテヨリ、龍口明神ト祭ルトナリ。

 

   片 瀨 川

 藤澤海道ノ南へ流出ル小川也。駿河次郎淸重討死ノ所也。東鑑ニ片瀨ノ在所ノアタリニテハ片瀨トイフ。石上堂村ノ前ニテハ石上川ト云。

             中務卿宗尊親王

  歸來テ又見ンコトハカタセ川 ニコレル水ノスマヌ世ナレハ

  海道宿次百首        參議爲相

  打ワタス今ヤ汐干ノカタセ川 思ヒシヨリモ淺キ水カナ

[やぶちゃん注:和歌を読み易く書き直しておく。

  歸り來て又見ん事もかたせ川濁れる水の澄まぬ世なれば

將軍職を辞任し、本意ならず帰洛した際の歌とされる哀傷歌である。

  打ち渡す今や潮干(しほひ)の片瀨川思ひしよりは淺き水かな]

 

  西行見歸松〔又西行戻(モドリ)松云〕

 片瀬村へユク路邊ノ右ニアリトナン。此所迄西行來シガ、是ヨリ歸タリト云。

 

   笈 燒 松

 片瀨村ヨリ南へ行道アリ。此所ヨリ出、六町程ユキテ在家ノ後ロノ竹藪ノ際ニアリトナン。駿河次郎淸重ガ笈ヲ燒シ所ナリト云。

 

   唐  原

 片瀬川ノ出崎、海ノ方、東南ノ原ヲ云。

   夫木集         藤原忠房

  名ニシオハハ虎ヤ伏ラン東野ニタツトイフナルモロコシカハラ

   同集          讀人不知

  遙カナル中コソウケレ夢ナラテ 遠ク見ユケリ唐カ原

[やぶちゃん注:最初の和歌の「タツ」は二字で「有」の草書の誤写であろう。和歌を読み易く書き直しておく。

  名にし負はば虎や伏すらむ東野(あづまの)に有りと云ふなる唐(もろこし)が原

  遙かなる中こそ憂(う)けれ夢ならで遠く見にけり唐が原

後者は「夫木和歌抄」では「唐が原」が「唐の原」である。]

 

   砥上原〔又砥身原トモ科見原トモ書ト云〕

 片瀬ヨリ西ニ當リテアリ。

   長明海道記

  ヤツマツノヤ千代ノカケニ思ナシテ トカミカ原ニ色モカハラシ

   里俗西行ノ歌トテ語シハ

  浦近キトカミカ原ニ駒トメテ 片瀨ノ川ノ汐干ヲソマツ

  立カヘル名殘ハ春ニ結ヒケン トカミカ原ノクスノ冬哉

[やぶちゃん注:和歌を読み易く書き直しておく。

  八松(やつまつ)の八千代の蔭に思ひなして砥上(とがみ)が原(はら)に色も變らじ

長明入鎌直前の嘱目吟とされる歌である。

  浦近き砥上原が原に駒とめて片瀨の川の汐干(しほひ)をぞ待つ

  立ち歸ヘる名殘(なごりは春に結びけむ砥上が原の葛(くず)の冬枯(が)れ

但し、前者は後世の西行仮託作「西行物語」所収のもの、後者は西行の作ではなく、冷泉為相の和歌である(嘉元元(一三〇三)年頃に編せられた「為相百首」に所収する)。]

« 芥川龍之介漢詩全集 二十六 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第六章 詐欺 一 色の僞り~(6) 了 »