フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第六章 詐欺 一 色の僞り~(2) | トップページ | 芥川龍之介漢詩全集 十九 »

2012/12/12

一言芳談 二十九

   二十九

 

 法然上人或人にをしえて云、人の命はうまき物を、大口にくひて、むせてしぬる事もある也。しかれば南無阿みだ佛とかんで、南無阿みだ佛とて、ぐとのみ入(いる)べし。

 

〇法然上人、此御ことば御傳二十一にあり。無常のことわりにて、無間修の御すゝめなり。

  龍舒居士云、凡起居飲食、語默動靜、皆不忘淨土(淨土を忘れざるときは)、則此身雖居五濁(五濁に居ると雖も)、而其心已在淨土(而も其の心、已に淨土に在り)。

 

[やぶちゃん注:しっかり咀嚼して、しっかりと飲み下すがよい、という実践的養生法のように見えるが、これは換喩であって、恐らくは「南無阿弥陀仏!」と唱えてしっかりと息を吸い、「南無阿弥陀仏!」と唱えてしっかりと息を吐きなさい、とも法然は言うはずである。

「南無阿みだ佛とて、ぐとのみ入べし」大橋俊雄・吉本隆明『死のエピグラム 「一言芳談」を読む』の注によれば、「続群書類従」所収本では、

 なむあみだ佛とのみ入るべし

となっている、とある(正字化して示した)。

「龍舒居士云、凡起居飲食、語默動靜、皆不忘淨土、則此身雖居五濁、而其心已在淨土」私の訓読で総てを書き下すと、

 龍舒居士云はく、「凡そ、起居飲食(ききよおんじき)・語默動靜(ごもくどうじやう)、皆、淨土を忘れざるときは、則ち此れ、五濁に居ると雖も、而も其の心、已に淨土に在り。」と。

・「龍舒居士」(?~一一七三)は南宋の王日休(おうにっきゅう)のこと。 龍舒(現在の安徽省舒城(じょじょう))生れであったことから龍舒居士とも言った。 儒学に通じたが、後に浄土教に帰依、「浄土文(じょうどもん)」を編纂した。

・「起居飲食、語默動靜」眠っている時も、覚醒している時も、ものを飲み食いしている時も、喋っている時も、黙っている時も、動いている時も、静かに観想している時も、行住坐臥、如何なる瞬間にても、の謂い。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第六章 詐欺 一 色の僞り~(2) | トップページ | 芥川龍之介漢詩全集 十九 »