フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 右大將賴朝卿薨去 / 【第一巻~了】 | トップページ | 芥川龍之介漢詩全集 十八 »

2012/12/11

一言芳談 二十八

   二十八

 

 又云、善導の御釋(おんしやく)を拜見するに、源空が目には、三心四修(さんじんししゆ)皆共に、南無あみだ佛と見ゆるなり。

 

〇法然上人云、是は口傳あることなり。

 

[やぶちゃん注:大橋俊雄・吉本隆明『死のエピグラム 「一言芳談」を読む』の注によれば、この一条は国宝「法然上人行所絵図」の第二十一の外、複数の法然の叙述に現われることが詳述されている。注にある「口傳」とは奥義を伝えた文書や書物、秘伝書の謂いで、これらの文書のこと指していよう。

「御釋」国立国会図書館デジタル・ライブラリー版の同慶安元(一六四八)年林甚右衛門板行版「一言芳談抄」二巻本現物画像では「尺」である。底本Ⅰに準じた。これは善導が撰述した「仏説観無量寿経」の注釈書である「観無量寿経疏」(かんむりょうじゅきょうしょ)を指す。

「源空」は法然自身の諱。因みに法然は房号である。

「三心四修」「三心」は、念仏信仰で浄土に生れるための至誠心・深心(しんじん)・回向発願心(えこうほつがんしん)の三つの信心(安心(あんじん)とも)を指す。「至誠心」とは誠心を以って素直に阿弥陀仏の「誠心」を受け止める心、「深心」は己の凡夫たることを知り(機の信心)、弥陀の四十八誓願の教えを深く信ずること(法の信心)。「回向発願心」は以上を得て、阿弥陀仏と向き合って自らの極楽往生への願を発すること。次の「四修」とは恭敬修(くぎょうしゅ)・無余修(むよしゅ)・無間修(むけんしゅ)・長時修(ぢょうじしゅ)という念仏の正しい称え方や保ち方を指す。「恭敬修」は恭しく敬った心を持って、「無余修」は雑念をなくして、「無間修」何時でも何処でも、「長時修」は生涯かけて、念仏を修せよとの謂いである(大阪府高槻市の浄土宗光松寺(こうしょうじ)のHPにある「仏教質問箱」の記載を参考にさせて戴いた)。

「法然上人云」Ⅰでは組み直されて「念佛」のパートに離れて出るため、名前が出ている(以降は同様のケースがあっても煩瑣なので原則、省略する)。]

« 北條九代記 右大將賴朝卿薨去 / 【第一巻~了】 | トップページ | 芥川龍之介漢詩全集 十八 »