フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 一言芳談 二十八 | トップページ | 耳嚢 巻之五 意念殘る説の事 »

2012/12/11

芥川龍之介漢詩全集 十八

   十八

 

我鬼先生枯坐處

松風明月共蒼々

何知老魔窺禪室

一夜乍來脂粉香

 

〇やぶちゃん訓読

 

 我鬼先生 枯坐する處

 松風明月 共に蒼々

 何ぞ知らん 老魔 禪室を窺(うかが)ひ

 一夜 乍(たちま)ち來たる 脂粉の香(か)

 

[やぶちゃん注:龍之介満二十七歳。前々月の大正九(一九二〇)年一月二十八日には第四作品集「影燈籠」を出版している。「蜜柑」「沼地」「尾生の信」「疑惑」「魔術」等、歴史物から離れて新境地を開こうとする野心作が並ぶものの、彼自身が自覚的に創作の停滞的状況と評した、マンネリズムに陥っているとされる作品集ではある(リンク先は私の電子テクスト)。更に、この前年の六月に龍之介は「愁人」秀しげ子と邂逅、九月には不倫関係に陥っている(が、この頃には早くも、彼女の独特の性格が既に龍之介を悩まし始めており、龍之介の中に「狂人の娘」(「或阿呆の一生」)という至る嫌悪の萌芽が、既に芽生えていたと私は推定している)。また、この詩が載る書簡の前日の三月二日には日本女子大学の学生で女流作家を夢見ていた森幸枝なる人物からの面談懇請に許可の手紙を書いており(この時は彼女を実見していないが、龍之介好みの美人であったという関係者の証言があり、この直後に来訪、頻繁に訪ね来るようになって龍之介から教授を受けるようになった。かなり個性的な女性であったやに聞き及んでいる)、更にこの前後に、「秋」の執筆情報を得たいという名目で、文から紹介された文の幼馴染み平松麻素子(ますこ)との交際が始まっている(龍之介が、この麻素子と自死の三ヶ月ほど前の昭和二(一九二七)年四月に帝国ホテルで心中未遂を起こしていることは知られた事実である)。私が何故、くだくだしい女性関係をここに記すかは、言うまでもあるまい……私には転句の「老魔」と結句の「脂粉の香」が、それらの龍之介に近づいて来る女人たちの体臭と混じり合った香水や白粉として、確かにリアルに匂って来るからである……。

大正九(一九二〇)年三月三日附小島政二郎宛(岩波版旧全集書簡番号六五八)所載。

小島政二郎(明治二七(一八九四)年~平成六(一九九四)年)は小説家で、龍門の四天王の一人。葉書の冒頭には、

島秀才示於予香奩體和歌二首即戲答見贈

とあって、詩が示され、次行下部に、

一笑一笑

とある。前書は訓読すると、

島秀才、予に香奩體(かうれんたい)和歌二首を示す、即ち戲れに答見して贈る。

である。

・「島秀才」は小島の尊称。

・「香奩體」とは中国の詩風の一体で、主に後宮の婦人や深窓の閨媛などを詠んだ艶麗・艶情・媚態・閨怨を主題とした官能的なものをいう。晩唐の詩人韓渥(かんあく)は、官能的な艶美の詩が得意で、そうした艶体の詩ばかりを集めた彼の詩集「香奩集」三巻が評判を呼び、後に「香奩体」という詩体の呼称になったものである。同大正九年十一月に発表した「漢文漢詩の面白味」を読むと、龍之介自身がこの香奩体自体に興味を持っていたことが窺われる(リンク先は私の電子テクスト)。

・「答見」とは「(和歌を)見て、その答えとして漢詩を詠み」の意であろう。

「老魔」とは「老獪なる魔」の意である。]

« 一言芳談 二十八 | トップページ | 耳嚢 巻之五 意念殘る説の事 »