フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 荏之嶋辨才天 | トップページ | 耳嚢 巻之六 幼兒實心人の情を得る事 »

2013/01/27

一言芳談 七十六

   七十六

 

 解脱上人云、一年三百六十日は、みな無常にしたがふべきなり。しかれば日夜十二時(とき)は、しかしながら終焉のきざみと思ふべし。

 

〇一年三百六十日、一年の日の内に、吉日といへども、人の死なぬ日といふはなし。禮讚に一切臨終時(じ)とあるを良忠上人の記に、時々尅々(じじこくこく)に臨終のおもひをなすと釋し給へり。

〇一年三百六十日は、無常のおしうつる也。人間百年よはひともいひ、七十古來まれなり共、杜子は作りける。一年といふより一日にいたり、十二時は無情の緩急をかきたり。

 

[やぶちゃん注:「一年三百六十日」本邦の旧暦は太陰太陽暦によるが、旧暦の一ヶ月の日数は月に固定されず、年毎に各月が三十日の大の月か、二十九日の小の月となり、その近似値として十二ヶ月×三十日で三百六十日とした謂いである。実際の太陰太陽暦における一年の日数は、平年で三百五十四日程度、補正のための閏月のある閏年の場合は三百八十四日程度で、年によって大きく異なる。

「禮讚に一切臨終時とある」善導「往生礼讃」の偈十二に、

あまねく師僧・父母および善知識、法界の衆生、三障を斷除して、同じく阿彌陀佛國に往生することを得んがために、歸命し懺悔したてまつる。

 心を至して懺悔す。

十方の佛に南無し懺悔したてまつる。願はくは一切のもろもろの罪根を滅したまへ。いま久近に修するところの善をもつて、囘して自他安樂の因となす。つねに願はくは一切臨終の時、勝縁・勝境ことごとく現前せん。願はくは彌陀大悲主、觀音・勢至・十方尊を覩たてまつらん。仰ぎ願はくは神光授手を蒙りて、佛の本願に乘じてかの國に生ぜん。

 懺悔し囘向し發願しをはりて、心を至して阿彌陀佛に歸命したてまつる。

とある。引用は「往生礼讃 (七祖) WikiArc」のものを正字化して引用した。

「良忠」(正治元(一一九九)年~弘安一〇(一二八七)年)は浄土僧。諱は然阿(ねんな)。謚号記主禅師(示寂七年後の永仁元 (一二九三) 年に伏見天皇より贈)。浄土宗第三祖とされる。「良忠上人の記」は不詳。識者の御教授を乞う。

「七十古來まれなり共、杜子は作りける」杜甫「曲江」より。七五八年、安禄山の乱が平定されたこの頃、杜甫は長安で左拾遺(さしゅうい)の官に就いていたが、敗戦の責任を問われた宰相房琯(ぼうかん)の弁護をして粛宗の怒りに触れ、曲江に通っては酒に憂さをはらしていた四十七歳の頃の作。

   曲江

 朝囘日日典春衣

 毎日江頭盡醉歸

 酒債尋常行處有

 人生七十古來稀

 穿花蛺蝶深深見

 點水蜻蜓款款飛

 傳語風光共流轉

 暫時相賞莫相違

  朝(てう)より回(かへ)りて 日日春衣(しゆんい)を典(てん)し

  毎日 江頭(かうとう)に酔(ゑ)ひを盡くして歸る

  酒債(しゆさい)は尋常 行く処に有り

  人生七十 古來稀なり

  花を穿(うが)つ蛺蝶(けふてふ)は深深(しんしん)として見え

  水に點ずる蜻蜓(せいてい)は款款(くわんくわん)として飛ぶ

  傳語(でんご)す 風光 共に流轉して

  暫時相ひ賞して 相ひ違(たが)ふこと莫(なか)れと

・「曲江」漢の武帝が長安城の東南隅に作った池。水流が之(し)の字形に曲折していたためかく名づけられた。当時は長安最大の行楽地であった(埋め立てられて現存しない)。

・「朝囘」朝廷から帰参する。

・「典」質に入れる。

・「酒債」酒代の借金。

・「蛺蝶」アゲハチョウ。又は蝶の仲間の総称。

・「蜻蜓」蜻蛉。トンボ。

・「款款」緩緩に同じい。ゆるやかなさま。

・「穿花」花の間を縫うように飛ぶ。一説に、蝶が蜜を吸うために花の中に入り込むことともいう。

・「點水」水面に尾をつける。トンボが産卵のために水面に尾をちょんちょんとつけるさま。

・「傳語」言伝(ことづ)てする。]

« 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 荏之嶋辨才天 | トップページ | 耳嚢 巻之六 幼兒實心人の情を得る事 »