フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« HP一括版 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 德川光圀 附やぶちゃん注 | トップページ | 耳嚢 巻之六 遁世の夫婦笑談の事 »

2013/01/05

一言芳談 五十三

   五十三

 

 行仙房(ぎやうせんばう)云、身意(しんい)に作罪(つくるつみ)をば口業(くごふ)にてこそ懺悔(さんげ)すべきに、いたづらごとにひまをいるゝことよ。

 

〇いたづらごと、徒言と書くべし。益のなき物がたりの事なり。

 龍舒居士云、口誦佛名、如吐珠玉。口宣教化、如放光明。口談無益、如嚼木屑。口好戲謔、如掉刀劍。口道穢語、如流蛆蟲。

 

[やぶちゃん注:「行仙房」Ⅱの大橋注によれば、平清盛の異母弟で平家滅亡後も生き延びた平頼盛の孫とする。『醍醐寺勝憲から小野流を、仁和寺仁隆から広沢流の法流を受けた』(真言宗二大流派の一つ小野流は醍醐寺を中心として庶民的伝播をターゲットに師資口伝を重視、同広沢流は仁和寺を中心として貴族的相承をなして経軌を尊重した)が、『のち聖光上人および禅勝上人の弟子となり、密教より念仏に転じた』とある。「聖光上人」は鎮西流の祖。聖光房弁長(しょうこうぼうべんちょう 応保二(一一六二)年~嘉禎四(一二三八)年)、禅勝上人も同じく法然の高弟。

「龍舒居士云……」以下、Ⅰの訓点を参考に書き下しておく。

 龍舒居士云はく、「口に佛名を誦ふるは、珠玉を吐くがごとく、口に教化(きやうげ)を宣(の)ぶるは、光明を放つがごとし。口に無益を談ずるは、木屑(きくづ)を嚼(は)むがごとく、口に戲謔(ぎぎやく)を好むは、刀劍を掉(ふる)ふがごとし。口に穢語(ゑご)を道(い)ふは、蛆蟲(うじむし)を流すがごとし。」と。

「龍舒居士」は南宋の僧王日休(?~一一七三年)のこと。呼称は出身が龍舒(現在の安徽省舒城(じょじょう)であったことに由来する。 儒学に通じたが、後に浄土教に帰依、「浄土文(じょうどもん)」十二巻を編纂した(教学伝道研究センター編「浄土真宗聖典(注釈版)第二版」本願寺出版社に拠る)。]

« HP一括版 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 德川光圀 附やぶちゃん注 | トップページ | 耳嚢 巻之六 遁世の夫婦笑談の事 »