フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 佐竹屋敷~法性寺/引用書目録 全完結! | トップページ | HP一括版 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 德川光圀 附やぶちゃん注 »

2013/01/04

龍氏詩篇 室生犀星

    龍氏詩篇

 

   一、御使よりも先に

 

  或日晩方よりも早く

  御使は下りてこられ

  庭の石の上に立たれたのであらう、

  何事か重要な話をしに來られたのであらう。

  天使(みつかひ)はあるひは灰ばんだ雀のやうに

  早々に歸られたかも知れぬ。

  御使が御使の必要がないごとく

  早々に歸られたかも知れぬ。

  何故か?

  我が友は御使よりも先きに

  杖を振つて速やかに歩いて行つたからだ。

 

 

   二、旅びとに寄せてうたへる

 

    あはれあはれ旅びとは

    いつかはこころ安らはん

    垣ほを見れば「山吹や

    笠にさすべき枝のなり」

         (芥川龍之介氏遺作)

 

  旅びとはあはれあはれ

  人聲もなき

  山ざとに「白桃や

  莟うるめる枝の反り」

 

 

   三、會へないのか?

 

 暫らく君にも會はない、

 全集が來るごとに會ふやうな氣がするが、

 全集が來なくなつたらどうなるだらう、

 人間の輕薄さは何時でも君を忘れさせ、

 何時でも君を思ひ出させて來る、

 煤けむりの罩めた田端のあたりに、

 垣根にそうて君は時たま歩きに出てゐるのか?

 それだのに既う會へないのか?

 

 

「芥川龍之介全集月報」第七号(昭和3(1928)年12月「芥川龍之介全集」第7回配本付録より。底本は2012年講談社発行の室生犀星「深夜の人・結婚者の手記」所収のものを用いたが、恣意的に正字化して示した。「罩めた」は通常訓ならば「こめた」であるが、私は「たちこめた」と読みたい。

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 佐竹屋敷~法性寺/引用書目録 全完結! | トップページ | HP一括版 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 德川光圀 附やぶちゃん注 »