フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 旗立山 同定 | トップページ | 西東三鬼句集「變身」 昭和三十二(一九五七)年 九七句 »

2013/01/23

一言芳談 七十二

   七十二

 又云く、或時心佛房に示して云、世間の鍛冶(かぢ)・番匠(ばんじやう)等が其道を傳ふる事は、かならずしもことごとく教へねども、其中に宗(むね)とあることをしつれば、其道を傳へたりといふぞかし。其定(ぢやう)に此二三年そひたるしるしには、世をのがれたる身にて、無常を忘れずしてだにあらば、本意なるべし。

〇そひたる、敬佛房、心佛房につきそひ給へるなり。

[やぶちゃん注:「心佛房」伝不詳。敬仏房の弟子。標註の謂いに頭を傾げる方もあろうかとも思われるが、高校の古文の授業を思い出して戴きたい。「つきそふ」は「かしづく」と同じく、人の世話をするの意で、それ自体に上下関係や敬意の関係はない。それに為手(して)尊敬の補助動詞「給ふ」のみが附されるのであるから、ここには「つきそふ」の動作主である敬仏房のみに敬語が用いられている。おかしくないのである。
「宗」中心となるもの、また、重要なもの。
「しつれば」の「し」な「爲」。
「無常を忘れず」Ⅱの大橋注に(引用中の古文引用部を正字化した)、
   《引用開始》
賞山の『父子相迎上末諺註』に「あはれ、佛の御はからひにても、一期こゝろに無常わすれず。くちに念佛をやまぬ身にしあらば、いかばかり世のありさまもどかしう、すみたる心のうちならん。これなむ、又なくあらまほしき心なり』を注して、この敬仏房の法語を引いて、「聖光上人の持言に云、安心起行の要は念死念佛に有、いづる息、いる息を待ず。たすけ給へあみだほとけ、南無阿彌陀佛と云々。有本に無常をわすれずと有」という。
   《引用終了》
とある。「父子相迎上末諺註」は、元亨年間(一三二一年~一三二四年)に成立した和文で浄土宗の教義を説く向阿証賢の「三部仮名鈔」(「帰命本願鈔」・「西要鈔」・「父子相迎」)の中の「父子相迎」の註釈書と思われ、筆者の賞山とは恐らく江戸時代の隆堯なる僧で、古書店の目録を見ると同人の「父子相迎諺註」(貞享三(一六八六)年跋・寛政三(一七九一)年板行)というのがある。これであろう。]

« 鎌倉日記(德川光圀歴覽記) 旗立山 同定 | トップページ | 西東三鬼句集「變身」 昭和三十二(一九五七)年 九七句 »