フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「鎌倉日記(德川光圀歴覽記)」の「鹽嘗地藏」の「明道ノ石佛」注補正 | トップページ | 耳嚢 巻之六 窮兒も福分有事 »

2013/01/26

一言芳談 七十五

  七十五

 

 有云く、「後世をねがはゞ、世路(せいろ)をいとなむがごとし。けふすでに暮れぬ。渡世はげまざるにやすし。今年もやみやみと闌(た)けぬ、一期(いちご)いそがざるに過ぎぬ。よひにはふしてなげくべし、いたづらにくれぬることを。暁(あかつき)にはさめて思ふべし、ひめもすに行(ぎやう)ぜん事を。懈怠(けだい)の時には、生死無常を思へ。惡念思惟(あくねんしゆい)の時には聲をあげて念佛すべし。鬼神魔緣(きじんまえん)等におきては、慈悲をおこして利益をあたへ、降伏(がうぶく)の思ひをなす事なかれ。貧は菩提のたね、日々に佛道にすゝむ。富は輪廻のきづな、夜々(やや)に惡業をます。」

 

〇或云、行者用心集にこれを引きて惠心の釋と云ふ。

 

[やぶちゃん注:「世路(せいろ)」読みはⅠ・Ⅲに拠る。Ⅱは「せろ」と振る。何れで読んでも、世の中を渡って行く道、世渡り。また、渡って行く世の中、世途であり、『極楽往生を願うこと』は『人生を生きること』と同じである、というのである。

「やみやみと闌けぬ」本来は、盛りの時期・状態になる、たけなわになる、又は、盛りの時期・状態を過ぎるであり、ここが今年も何も出来ず無為に暮れてしまった、の意。Ⅱ・Ⅲは「やみやみと」が「やみやみ」。

「一期いそがざるに」人生は、主体的に急ごうと思っている訳でもないのに。

「ひめもす」「終日(ひねもす)」に同じい。

「魔緣」人の心を迷わせる悪魔。

「夜々」夜毎。日毎で、無明の闇を掛けるのであろう。

「行者用心集」室町時代の天台僧存海が天文一五(一五四七)年に記したもの。彼は釈存海と名乗っているから晩年は浄土宗に帰依したものと思われる。

「惠心」源信。]

« 「鎌倉日記(德川光圀歴覽記)」の「鹽嘗地藏」の「明道ノ石佛」注補正 | トップページ | 耳嚢 巻之六 窮兒も福分有事 »