フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 柏原彌三郎逐電 付 田文の評定  / 【第二巻~了】 | トップページ | 耳嚢 巻之六 女妖の事 »

2013/01/25

一言芳談 七十四

   七十四

 

 乘願房云、さすがに年のよるしるしには、淨土もちかく、決定往生(けつじやうわうじやう)しつべき事は、おもひしられて候ふまり。所詮、眞實に往生を心ざし候はんには、念佛は行住坐臥(ぎやうぢゆうざが)を論ぜぬとなれば、たゞ一心に、ねても、さめても、たちゐ、おきふしにも、南無阿彌陀佛、南無阿彌陀佛と申して候ふは、決定往生のつととおぼえ候ふなり。學問も大切なる樣に候へども、さのみ往生の要(かなめ)なることも候はず。又學して一の不審を披(ひら)くといへども、するにしたがひて、あらぬ不審のみいできたるあひだ、一期(いちご)は不審さばくりにて、心しづかに念佛する事もなし。然而(しかうして)念佛のたよりにはならで、なかなか大なるさはりにて候ふなり。

 

〇決定往生のつと、家土産(いへづと)というは俗にみやげという事なり。旅裹(たびづと)というは旅にもつ食物なり。往生のつととは往生の資糧(しりやう)なり。

〇往生の要、往生の支度の樞要(すうえう)なり。

〇不審、いぶかしき事なり。

〇さばくり、取りあつかふ義なり。

 

[やぶちゃん注:「乘願房」宗源(そうげん 仁安三(一一六八)年~建長三(一二五一)年)は浄土宗の僧。権中納言藤原長方八男。当初は仁和寺で密教を学んだが、後に法然の弟子となり、京都醍醐の菩提樹下谷・清水の竹谷に棲み、念仏教化に努めた。竹谷上人とも言い、公家の帰依者も多かった。常に念仏し、建長三年七月三日に享年八十四歳で念仏往生した。

〇「つと」標註で十分であるが、「苞」「苞苴」と漢字表記し、「包む」と同語源の語。藁や葦・竹の皮などを束ねたり編み束ねて作った容器、又は、その中に食物を包んだものをいう。藁苞(わらづと)。食糧・魚や果実などの食品を包み入れて持ち運んだ。荒巻きなどともいう。旅行用の携帯食糧を入れる他にも、出先への贈り物を包んで携行したり、そこから帰る際の土産物を入れたりしたことから、土地の名産や土産物をも言う語ともなり、家への土産を「家苞(いえづど)」と称するようになった。]

« 北條九代記 柏原彌三郎逐電 付 田文の評定  / 【第二巻~了】 | トップページ | 耳嚢 巻之六 女妖の事 »