フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 西東三鬼 拾遺(抄) 昭和二十六(一九五一)年 | トップページ | 教え子からプレゼント!!! »

2013/02/20

異端信條 萩原朔太郎 (未発表詩篇)

 異端信條

おれは現時の思想界で最も禁物現されて居るセンチメンタリズムの信徒だ

技巧に眼をくれるな、生命を見ろ、生命とは眞實の有無だ

夢を見ない少年は不具者だ、少年の生命は戀とロマンチツクだ

自我の眞實のために時代思想に反抗するものは眞の勇者だ

視えないものを見ようとするのは好い、視えないものを見えるふりをするのは惡い

心はいつも貴族であれ、餓ゑても賤民の眞似をするな、乞食をしても土耳古帽子を被れ

詩と音樂とは貴族(心靈上の)の戲である、斷じて農民の汗くさい手に觸れさせてはいけない

所謂、生活とは遊戲だ、所謂、遊戲とは生活だ

地上に於て最も神聖なるものは遊戲である、所謂生活ではない、生活とは賤民の職業だ

藝術のための藝術であれ
眞實のための藝術であれ

おれは異端だ
汝の眞實のためにも、異端であれ

[やぶちゃん注:底本は昭和五二(一九七七)年刊筑摩書房版全集第三巻の「未發表詩篇」(四一二~四一三頁)に拠った。当該本文には、下に全集編者が校訂を施す前の当該作品の原稿が活字化されているが、特に着目すべきは第一連に続いて(若しくは二連目として書いたのかも知れない。但し、底本では行空けはない)にある以下の抹消である(誤字と思われるものを補正したものを示す)。

天才の病氣は自惚れだ、自惚れのない人間に天才はない

なお、本詩篇は、推定編年編集になる底本の、総計一五九篇ある未発表詩篇の内、冒頭から四篇目に当たっているので、「月に吠える」時代の創作と推定出来る。]

« 西東三鬼 拾遺(抄) 昭和二十六(一九五一)年 | トップページ | 教え子からプレゼント!!! »