フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 随分、御機嫌よう | トップページ | 一言芳談 八十三 »

2013/02/02

一言芳談 八十二

   八十二

 

 或云、高野の空阿彌陀佛の、御庵室(ごあんじつ)のしつらひの、びんぎあしげにて、すこし、か樣にしたらばよかりなんと、御たくみありける間、さやうしつらひなさんと申しければ、いやいや、あるべからず、是亦(これまた)、厭離(えんり)のたよりなり、よしと思ひて、心とめては、無益(むやく)なりとぞおほせられける。

 

〇高野の空阿彌陀佛、明遍僧都のことなり。

〇しつらひは、料理の字。(句解)

 

[やぶちゃん注:「御庵室」Ⅱの大橋氏注に、『高野山蓮華谷の蓮華三昧院を指すか』とある。蓮華三昧院(れんげさんまいいん)は五十歳を過ぎてから遁世して高野山に入山した明遍が開創した寺である。

「びんぎあしげにて」「びんぎ」は便宜で、使い勝手がうまくないように感じておられる様子で、の意。

「御たくみ」御思案。

「さやうしつらひなさん」明遍の思案顔を察して、話者であるところの或る人が、「僧都さまのお考えのままに、室内の設えを、お暮らしに不便のなきよう、模様替え致しましょう。」と提案したのである。「句解」の『料理』とは、物事をうまく処理することを言う。

「厭離のたより」「厭離」は「おんり」とも読み、穢れた現世を厭い離れることで、「たより」は、そうした厭離のための手掛かり、頼み、という意。「たより」には実は、対象の造り具合とか、物の配置の意があるので、謂わば、生活の不自由不具合を直さぬことも、これ、穢れた現世を厭い離れる方途としての「配置」である、と言う意も利かせているのかも知れない。

「心とめて」日常生活の暮らし易さなどに執着しては、の意。]

« 随分、御機嫌よう | トップページ | 一言芳談 八十三 »