フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 戰場での幻想 萩原朔太郎 (初出形) | トップページ | 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 瑞泉寺 天台山 »

2013/02/15

戰場での幻想 萩原朔太郎 (「宿命」版)

 戰場での幻想

 機關銃よりも悲しげに、繫留氣球よりも憂鬱に、炸裂彈よりも殘忍に、毒瓦斯よりも沈痛に、曳火彈よりも蒼白く、大砲よりもロマンチツクに、煙幕よりも寂しげに、銃火の白く閃めくやうな詩が書きたい!

[やぶちゃん注:「宿命」(昭和一四(一九二九)年創元社刊)より。初出よりも、よりそのままの状態で比喩を投げ出したままにした結果、詩想の先鋭さはより噴出していると言える。但し、この決定稿が、初出で朔太郎の訴えたかったはずの――「敵意と感傷にみち」ている「詩」を書きたいのだ!――という死を賭した絶叫として「宿命」の読者に聴こえたかどうかは、これ、やや疑問である気がする。特に「大砲よりもロマンチツクに」という比喩は寧ろ、仮想の戦場の持っていたはずの血や肉の臭いを払拭してしまい、人によっては詩人の虫のいい身勝手な懇願のように思われてしまう、この現実の朔太郎の肉声が響いて終わるというのを、少なくとも私は好まない。そういう意味で初出のコーダ「見よ、鐡製の兜を被つて、兵士は銃の先に劍を突けてる。」の方が遙かに――詩となってる――と私は思うのである。]

« 戰場での幻想 萩原朔太郎 (初出形) | トップページ | 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 瑞泉寺 天台山 »