フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 一言芳談 八十二 | トップページ | 一言芳談 八十四 »

2013/02/03

一言芳談 八十三

  八十三

 

 禪勝房云く、所詮、淨土門の大意は、往生極樂はやすきことと心得るまでが大事なるなり。やすしと心得つれば、かならずやすかるべきなり。然るを、近代の學生(がきしやう)の異議まちまちなるは、聖教甚深(しやうげうじんしん)なれば邪正わきまへがたし。但(ただし)、上人の仰せには、さしもの事はなかりき。

 

〇やすきことと心得るまでが大事なるなり、他宗の心あれば凡夫の往生がむづかしき事になるなり。愚なる者は、わが身の愚惡に卑下し、心行のつたなきにつきて、往生がむづかしくなるなり。それを思ひ切る時、決定と思へば決定なり。

〇近代、法然上人の御滅後なり。

〇いぎまちまちは、西山・鎭西・深草等の説をいふか。念佛にも觀念・工夫・稱名、義理にも事理、又不二とも説(とく)。これまちまちなり。(句解)

〇上人の仰せ、源空の仰せなり。

〇さしもの事はなかりき、それほど仔細がましき事はなかりしなり。

 

[やぶちゃん注:注はⅡに載って、Ⅰにないもの、Ⅰに載るが明らかにⅠの校訂者森下二郎氏をによって書き換えられたと思われる箇所を補塡・補正した。

「〇いぎまちまちは、……」の注はⅡに拠ったが、そこで「西山」は「靑山」であるのを、大橋氏が誤りとして「靑」の下に『(西)』と補正字を示しておられるものに代えた。浄土宗には法然の弟子鎮西上人の流れを汲み知恩院を本山とする浄土宗鎮西派、同じく法然の弟子西山上人の流れを汲む西山派があり、その西山派は、また、禅林寺(永観堂)を本山とする浄土宗西山禅林寺派と誓願寺を本山とする浄土宗西山深草派の三つがあり、他に、西山派の流れから分派した一遍の時宗、更に親鸞の流れを汲む浄土真宗(現在では西本願寺・東本願寺等、全十一派)がある。ともかくも、ここでは一応、それらの「異議」、法然以降の浄土宗の教学を批判していないが、同時に、いなしているのである。

「聖教甚深なれば」祖師法然の教えが深奥であるため。
「源空」法然。Ⅰはここが『法然上人』となっている。Ⅱに拠った。]

« 一言芳談 八十二 | トップページ | 一言芳談 八十四 »