フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之六 精心感通の事 | トップページ | 西東三鬼 拾遺(抄) 昭和三十四(一九五九)年 »

2013/02/24

金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 扇个谷 源氏山

   扇个谷 源氏山

 

東光山英勝寺(とうくはうざんゑいしやうじ)は、扇(あふぎ)が谷(やつ)にあり。この地は、太田道灌(おほたどうくわん)の舊跡なり。この邊隨一の大寺(てら)にて、諸堂の莊嚴(そうごん)、結構なり。本尊阿彌陀佛、運慶の作。山門、總門の額、眞筆(しんひつ)なり。境内に澤庵(たくあん)の石盤(せきばん)あり。この西の山を源氏山といふ。阿佛尼(あぶつに)の塔、この境内の北にあり。

〽狂 げん

 じ山

ひかる日の

    出は

すへひろの

あふぎが

  やつの

かすむ

 あけぼの

旅人

「あの飴(あめ)をかつてゐる年增(としま)は、なかなか、まんざらでない器量(きりやう)だ。尻目(しりめ)で、儂の顏をみるは、儂(わし)に氣があるとみへる。ちよいときいて見やう。もしもし。お上(かみ)さま、ちと、物がおたづね申たい。お前、私(わたし)に氣がありますか、ほれなさつたか、どふでござります。」

「ナニ、妾(わたし)がほれたか、氣があるかとは、この野郎奴(やらうめ)は、とんだ事をいふ。うぬのやうな不景氣な野郎に、誰(たれ)がほれるものか。戲言(たはこと)をぬかすと横面(よこつつら)をはりとばすぞ。」

「今日は大ぶん、參詣のある日だわへ。晩には賽錢箱(さいせんばこ)の勘定(かんぢやう)をいたそふ。」

「これ、したり、小錢(こぜに)がない。四文錢(もんせん)を賽錢になげるも費(ついへ)だ。借(か)りにして、たゞ、おがんでおこう。貴公(きこう)も、そうなさい。」

[やぶちゃん注:「扇个谷」は「あふぎがやつ」とルビする。

「莊嚴(そうごん)」この場合の「莊嚴」は、仏像や仏堂を天蓋・幢幡(どうばん)・瓔珞(ようらく)等で厳かに飾ること及びそのように飾り付け、建造したその物のことを指しす仏教用語であるから、厳密には「そうごん」ではなく、「しやうごん(しょうごん)」と読むのが正しい。

「山門、總門の額、眞筆なり。」「新編鎌倉志卷之四」の「英勝寺」に、総門の額は「東光山」で曼殊院良恕法親王の筆(裏書に寛永二十年四月二日のクレジット)、山門の額は「英勝寺」で後水尾帝の宸筆(裏書に寛永二十一年甲申(きのえさる)の年八月日のクレジット)とある。細かいことだが、順序が逆で、寺のより外にある総門から、次にその内側の山門を記載するのが普通である。

「澤庵の石盤」「新編鎌倉志卷之四」の「英勝寺」の「石盤」の項を参照。卦を示す四種の文様の図及び碑文も読める。

「年增」娘盛りを過ぎた女性の謂いで、現在用いられる場合、流行語の略語「アラフォー」、アラウンド・フォーティー(Around Forty:四十歳前後。)と同義的で三十五歳から四十五歳辺りまでの女性層を指すが、江戸期のそれはもっと若く二十歳前後を年増、二十歳を過ぎてから二十八、九歳程までを中年増、それより上を大年増と言った。彼女は今なら相応に若いのである。それにしてもこの気風(きっぷ)の良さはどうか。

「だわへ」の「へ」は「え」で軽い感動を添える間投助詞。英勝寺は尼寺(現在も鎌倉で唯一の尼寺である)であるから、尼の台詞と見れば「え」もしっくりくる。ただ、賽銭勘定をする尼僧を想起させる一九は、これ、やはり意地が悪いともいえるが、前の語気苛烈なる姐御に守銭奴の尼を配せば、どっこい、当時の女傑もなかなかのもの、今までのエロティクで愚鈍な旦那連中より、ずっと気持ちがよい。

「尻目」流し目。]

« 耳嚢 巻之六 精心感通の事 | トップページ | 西東三鬼 拾遺(抄) 昭和三十四(一九五九)年 »