フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之六 魚の眼といえる腫物を取呪の事 | トップページ | 萩原朔太郎 死なない蛸 (「宿命」版) »

2013/02/08

死なない蛸 萩原朔太郎 (初出形)

私は教師時代、この詩を好んで朗読していたものだった――死なない蛸とは――確かに惨めな生きものとしての私、そしてあらゆる人間存在そのものであった――少なくとも私にとっては――



 死なない蛸

 

 或る水族館の水漕で、ひさしい間、飢ゑた蛸が飼はれてゐた。地下の薄暗い岩の影で、靑ざめた玻璃天井の光線が、いつも悲しげに漂つてゐた。

 だれも人々は、その薄暗い水漕を忘れてゐた。もう久しい以前に、蛸は死んだと思はれてゐた。そして腐つた海水だけが、埃つぽい日ざしの中で、いつも硝子(ガラス)窓の漕(をけ)にたまつてゐた。

 けれども動物は死ななかつた。蛸は岩影にかくれて居たのだ。そして彼が目を醒(さま)した時、不幸な、忘れられた槽の中で、幾日も幾日も、おそろしい飢饑を忍ばねばならなかつた。

 どこにも餌食がなく、食物(くひもの)が全く盡きてしまつた時、彼は自分の足をもいで食つた。まづその一本を。それから次の一本を。それから。最後に、それがすつかりおしまひになつた時、今度は胴を裏がへして、内臟の一部を食ひはじめた。少しづつ、他の一部から一部へと。順々に。

 かくして蛸は、彼の身體(からだ)全體を食ひつくしてしまつた。外皮(そとがは)から、腦髓から、胃袋から。どこもかしこも、すべて殘る隈なく。完全に。

 或る朝、ふと番人がそこに來た時、水漕の中は空つぽになつてゐた。曇つた埃つぽい硝子の中で、藍色の透き通つた潮水(こすゐ)と、なよなよした海草とが動いてゐた。そしてどこの岩の隅々にも、もはや生物の姿は見えなかつた。蛸は實際に、すつかり消滅してしまつたのである。

 けれども蛸は死ななかつた。彼が消えてしまつた後(あと)ですらも、尚ほ且つ、永遠にそこに生きてゐた。古ぼけた、空つぽの、忘れられた水族館の漕の中で。永遠に――おそらくは幾世紀の間を通じて――或る物すごい不滿をもつた、人の目に見えない動物が生きて居た。

 

[やぶちゃん注:『新青年』第八巻第五号 昭和二(一九二七)年四月号。総ルビであるが、読みの振れるもの及び特異な個所のみのパラルビとした。「そこに」下線部は底本では「●」の傍点。「漕」及び「潮水(こすゐ)」というルビはママ。「外皮」を私はずっと「がいひ」と朗読し続けていたことが悔やまれる。]

« 耳嚢 巻之六 魚の眼といえる腫物を取呪の事 | トップページ | 萩原朔太郎 死なない蛸 (「宿命」版) »