フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之六 吝嗇翁迷心の事 その二 | トップページ | 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 松个岡 甘露井 »

2013/02/27

病氣した(海底/魚介) 萩原朔太郎

     海底

 病氣した

     魚介

 

うにのぐにやぐにやにただれたうにの肉とくさつた海綿のはらはたから

なまこの赤い花がさき

ひもくらげのうすらあかりで

病氣のたこが手をくひ

いそぎんちやくが手がしなりしなり

また遠い海岸の岬では

いそぎんちやくの纎手が

くらげひとでのまるい口

魚の耳

ひとでの口

いそぎんちやくの纎毛

さゞえの耳

いそぎんちやくの手

足をたべる病氣のたこのたぐひが足をたべる光景

また水のしたにはわがふむ水の底には

靑貝をたべる光景

またこゝの淺洲には

わがくされたるものつた肉をくふ

わがしんけいの根をくふつめた貝

 

[やぶちゃん注:底本の第三巻『草稿詩篇「未發表詩篇」』(四八〇頁)に載るもの。題名は底本では「海底」「魚介」が「病氣した」の下に併記されてある。取り消し線は抹消を示し、その抹消部の中でも先立って推敲抹消された部分は下線附き取り消し線で示した。因みに、底本では「ひもくらげのうすらあかりで」から「いそぎんちやくの手」までの十一行を、推敲過程で抹消されずに残った併記語句と捉えており、更にその前半の「ひもくらげのうすらあかりで」から「いそぎんちやくの纎手が」までの五行と、「くらげのひとでのまるい口」から「いそぎんちやくの手」までの六行がその中で対応する推敲詩句であると捉えている。また、総草稿原稿標題と一行目の前には底本で無題を示す編者による「〇」が打たれているが省略した。 削除部分を除去すると、

     海底
 病氣した
     魚介


ぐにやぐにやにただれたうにの肉とくさつた海綿のはらはたから
なまこの赤い花がさき
ひもくらげのうすらあかりで
遠い岬では
いそぎんちやくの纎手が
魚の耳
ひとでの口
さゞえの耳
いそぎんちやくの手
病氣のたこ足をたべる光景
靑貝をたべる光景
またこゝの淺洲には
わがしんけいの根をくふつめた貝


となる。

……さても……如何にも僕好みの……饐えた、畸形の、海の標本箱だ……

« 耳嚢 巻之六 吝嗇翁迷心の事 その二 | トップページ | 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 松个岡 甘露井 »