フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第八章 団体生活 二 社會~(3)/ 了 | トップページ | 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 杉个谷 小袋坂 »

2013/03/09

日本の文学 萩原朔太郎

       ●日本の文學

 日本の文學には、いつも二つの範疇しかない。「老人の文學」と、そして「少年の文學」である。即ち一方には、情熱の枯燥し盡した、老人の閑話小説的な文學があり、一方にはこれと對照して、少年血氣の激情に醉ひ、空虛な怒號や無思慮の理想に惑溺してゐる、感傷的の乳臭い文學がある。
「日本人の特殊なことは」と、或る外國人が評して言つた。「一般に早老であり、少年期から老年期へと、一足跳びに移つて行き、早く年齡を取つてしまふ。」と。同樣に我々の文學が、また少年期から老年期へと、一足跳びに變移して行く。そして兩者の中間にあり、人生の最も成熟した收穫時代、即ちあの所謂「中年時代」を通過しない。その中年時代に於てのみ、人は思慮の深い反省と經驗から、内に燃えあがる情熱の火を止揚して、眞の力強い作品を書き得るのだ。
 日本の文壇と文學とは、人生の收穫すべき、最も重要な時期を通過しない。それからして文學が、いつも永遠の「稚態」と「老耄」との外、一の成熟をも見ないのである。

[やぶちゃん注:昭和四(一九二九)年十月第一書房刊のアフォリズム集「虚妄の正義」より。]

« 生物學講話 丘淺次郎 第八章 団体生活 二 社會~(3)/ 了 | トップページ | 金草鞋 箱根山七温泉 江之島鎌倉廻 杉个谷 小袋坂 »