フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之六 吐藥奇法の事 | トップページ | 鬼城句集 春之部 蜷 »

2013/03/31

一言芳談 一二九

   一二九

 

 同(おなじく)上人云、聖光上人は、談義の最中にも、日中(につちゆう)の時きたれる時は、一文一句をも誦(じゆ)しさして、やがて阿彌陀經をはじめ、禮讃(らいさん)念佛を行じましましき。同聞(どうもん)の聽衆も、心ならず、格別に禮讃をしき云々。

 

〇談義の最中にも、是を以て知るべし。學問は末(すゑ)にして行法は本(もと)なる事を。誠に後學の模範とするに足れり。學問を好みて、寢食をわするゝ人はあれども、行法を詮として、學問をさしおく人はなし。

 

[やぶちゃん注:本話は人によっては前話との論理矛盾を云々されるかも知れない。例えば、

――然阿良忠は「一二八」で「六時禮讃の次の念佛」をこそ誠心としたのではないか? それなのにここでは、公的行事としての教学法筵の真っ最中であっても、六時礼讃に決められらた時刻が来ると、聖光上人弁長は、突然それを中断なさって、「阿彌陀經を」誦経し「はじめ」、それが終わると心をこめて「念佛を行じましまし」て御座った――と良忠が六時礼讃に厳格に従った弁長を、如何にも心打たれる懐古しているがいるのは矛盾しているのではないか?――

といった批判である。しかし、そもそもが「六時礼讃」の「日中の時」とは「一二八」に示した通り、午~から未の刻(現在の午前十一時から午後三時頃)という幅の広い時間帯を示す。さすれば弁長は時間を厳格に守ったのではあるまい。それが自分に課したところの絶対的な「日中時の礼讃時間」であったとすれば、厳格を旨とする人間は、そこに他事を決して予定として入れないからである。寧ろ、この講義中断による、突然の高らかな「阿彌陀經」の誦経とそれに続く称名念仏は、弁長自身の内的欲求によって発露された、偶々に「日中時」の「談議の最中」の念仏である、と解する方が遙かに自然である。標註はこれを、既に語り尽くした感のある学問と行法の関係にスライドさせているが、少なくとも私はそのような比喩としてこの条を読まない。誠心の人の法悦(エクスタシー)は、そのまま直にその声を聴く人々の法悦になるというイコン画として読む方が遙かに本条の価値を高めるようにおもうのであるが、如何であろう?

「談義」仏法の因果の道理を説く法談、講筵。

「同聞の聽衆」法筵の場に教えを乞いに参っていた聴衆。

「心ならず」この場合は、不本意の意を含まない、意識しない、我知らず、の謂い。

「格別に禮讃をしき」格別なるまことの念仏を致いたの(と同じこと)である。]

« 耳嚢 巻之六 吐藥奇法の事 | トップページ | 鬼城句集 春之部 蜷 »