フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 5 | トップページ | 鬼城句集 春之部 龜鳴く »

2013/03/24

一言芳談 一二二

   一二二

 

 聖光上人云、故上人の給ひしは、往生のために念佛を申す時、念佛の行、心に大要におぼえて、行ずるに付けて勇みありて、つねに念佛の申したからんをば、我身にすでに三心を具せりとおもふべきなり。

 

○故上人、法然上人のことなり。

○三心、深心(じんしん)、至誠心(しじゃうしん)、★廻向發願心(ゑかうほつぐわんしん)。(句解)

 

[やぶちゃん注:Ⅱ・Ⅲでは「心」に「しん」と読みを振る。

「三心」「句解」のものは「観無量寿経」に説くもの。「無量寿経」第十八誓願に説く三心は至心・信楽(しんぎょう)・欲生(よくしょう)。法然が「選択本願念仏集」の第八章で「念仏する者は必ず三心を具足して念佛すべきこと」と言っている。前者に基づいて解説すると、まず、「三心」とは、本文にもある通り、念仏を称える際の心構えをいう語で、「深心」は深く信じる心を言う。これには二種あり、一方は、自分自身の機根(能力)に対する自覚の念を指し、自己の智慧が浅いものであり、修行も不足しているために常に罪悪を造っており、到底、自分自身の力では解脱を得ることは困難な凡夫であることを深く自覚することをいう。一方、今一つの深心は、そうした大凡夫の自覚を受け、阿弥陀仏の本願を無条件で深く信じることによって、即ち、本願に随順して念仏を称えるならば、必ず極楽往生が出来るということを、深く信じていることをもいう。「至誠心」は偽りのない心、真実心で、称名を称える口業(くごう)と、合掌・礼拝等をする身業(しんごう)と、「助けたまえ」と一心に念願する「意業(いごう)」とが、阿弥陀仏への信心として一致していることをいう。「廻向發願心」は自分の一切の善根功徳を極楽往生のために振り向けることを指し、すべての信仰心を阿弥陀仏に集中することをいう(以上は浄土宗僧侶伊藤俊雄氏のウェブサイト「仏教に親しむ」の浄土宗の教え11 三心具足の念の記載を参照させて頂いた)。なお、Ⅱの大橋氏の注によれば、この「観無量寿経」に説く三心を法然は『「無量寿経」に説く第十八誓願の至心・信楽(しんぎょう)・欲生我国にあてる』と注されておられる。因みに第十八願でのそれらは、「至心」が自らを救済しようという意、その至心を「信楽」する、無条件に受容し、その心を持って安楽の浄土世界に生まれようと思うこと(「欲生我国」)、という意を表わす。

「往生のために念佛を申す時、念佛の行、心に大要におぼえて、行ずるに付けて勇みありて、つねに念佛の申したからんをば、我身にすでに三心を具せりとおもふべきなり」往生のために念仏を致します時、この念仏の行は『本当に大切なことなのだなあ』と感じ、そのため、念仏を行じますにつけても、甚だ、心も高揚してまいります。そうして、不断に念仏を称え申し上げたいという心持ちになった――その時には――すでに我が身には三心が具わっているのだ、と思ってよいのです。]

« 沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 5 | トップページ | 鬼城句集 春之部 龜鳴く »