フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 山岳部OB会 | トップページ | レンブラント 自画像 »

2013/03/10

芸術には上達がない 萩原朔太郎

       ●芸術には上達がない

 

 すべての技術は、練習によつて上達する。ところで練習とは、筋肉または思惟の法則が、腦髓の中に溝(みぞ)をつくることである。例へば熟練したピアニストは、一つの鍵盤を叩いた指で、同時に百の鍵盤の上を走らせて行く。それは長い間の練習が、彼等の腦髓皮質に一定の溝(みぞ)をつくつたことから、動作が意識的でなく、習慣から型にはまつて、敏速に行はれる爲に他ならない。

 かくすべての技藝や技術やは、その道の練習――即ち習慣をつくること――で上達する。然るに藝術が意義するところの、創作の本意は何だらうか? 創作の眞の本意は、すべての習慣に反對し、習慣上の型を破つて、普段に新しき世界を創るにある。藝術家がもし、彼の思想で固定し、テクニツクの習慣になれ、いつも同一の型を反復するならば、彼自身の古さの故に葬られる。この故に藝術家は、絶えず彼自身に革命し、彼自身の古き型を破るべく、いつでも自我の習慣と戰つてゐる。偉大なる善き藝術家は、それによつていつも新しく、生涯を若やぎに溢れてゐる。

 されば藝術家の修養は、技術家の勉強とは正反對である。後者にあつては、練習が上達の祕訣であるのに、前者にあつては、むしろ練習しないことが、平常の善き心掛けに屬してゐる。(それ故に善き作家等は、常に多作を警めてゐる。)これが藝術家の修養と、學校の作文科目の反對である。學校での作文は、常に多作の練習が要求される。なぜなら學校教育が教課しようとするものは、人が實生活で必要とするところの、社交上や實用上の書簡文、もしくはその種類の、用務を辨ずるための文章だから。そしてこの種類の文面では、一定の類型的な事務の仕方で、できるだけ習慣的に、したがつてできるだけ敏速に書くことが必要だから。そしてこの教育の目的は、もちろん藝術の目的と別個である。

 それ故に藝術は、それが單なる技藝――ヴアイオリンを巧みに彈くことなど――でなく、本當の意味の藝術ならば、藝術は練習すべきものでない。したがつて藝術家には、言葉の正しき意味に於ける、上達といふ事實は有り得ない。然り! 藝術には上達がない。ただ不斷に新しいものを創造して行く、勉強への意思があるにすぎないのである。

 

[やぶちゃん注:昭和四(一九二九)年十月第一書房刊のアフォリズム集「虚妄の正義」の「藝術に就いて」より。下線部は底本では傍点「●」。]

« 山岳部OB会 | トップページ | レンブラント 自画像 »