フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 吾妻四郎靑鷺を射て勘氣を許さる | トップページ | 鬼城句集 春之部 雀の子 »

2013/03/22

一言芳談 一二〇

   一二〇

 或人、明遍に問うて云、學問のほど、暫く、念佛の數反(すへん)を減じ候はんと。答へて云、學問は念佛を修(しゆ)せんがためなり。若し數反を減ぜらるべくは、教へたてまつるべからず。

〇學問のほど、學問の隙入(ひまいり)の間なり。ほどとは時節をいふ。
〇數反を減じ候はん、日所作(につしよさ)にて、何萬反(べん)ときはめたる念佛の數を少うすり事なり。
〇念佛を修せんがためなり。歸元直指云、今日有緣得逢佛法。當須究本。莫競枝條。

[やぶちゃん注:「或人」は、「問うて」いる「明遍」本人から、
『もっと教学の「學問」を受けたく存じますによって、「念佛の」する回数を「減じ」ようと思います』
と、如何にもな優等生のもの謂いをしている。明遍は、それに対し、
『「學問」は「念佛」をする「ため」のものであります。それを――「若し」「學問」のために――ほんの数回であっても、「念佛」をお「減」らしになる――ということであるのならば――私(わたくし)はあなたに「學問」とか申しておらるるものを、これ、お教え致すことは出来ませんぬ。』
と言っている。この当たり前のことを我々は確かに忘れている。悪しき謂いに於いてただ『ためにする』行為ばかりが、我々の存在を蝕んでいる、と私も思うのである。
「歸元直指云、今日有緣得逢佛法。當須究本。莫競枝條。」底本の訓点を参考に以下に書き下す。
 「歸元直指(きげんぢきし)」に云はく、『今日の有緣(うゑん)、佛法に逢ふことを得たり。當に須らく本を究むべし。枝條(しでふ)を競ふこと莫れ。』と。
「歸元直指」は明の宗本の編になる「帰元直指集」のこと。禅と念仏の一元化を主張した古来の説九十七篇を集めたもの。流石に禅語としてすっきりとして小気味よい。]

« 北條九代記 吾妻四郎靑鷺を射て勘氣を許さる | トップページ | 鬼城句集 春之部 雀の子 »