フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 夢 萩原朔太郎 (アフォリズム集「港にて」の「個人と社會」の冒頭に配された「1 夢」 全) | トップページ | 一言芳談 一一五 »

2013/03/14

妊娠夢+詠唱夢

今朝方の六つばかりあったアンソロジーの夢の内、二つ。



僕はアフリカのさる部族の村を訪ねている。しかし、旅ではない。それも僕ひとりだけが、そこに突如、テレポートしたような感じであった。

部族長が僕に、葉でくるんだタロイモで作ったと思しい白く固まった食物を差し出す。

僕はそれを美味しく戴いた。

傍に族長の娘がいる。

僕より遙かに背が高い。褐色の肌をした鼻の高いとても美しい娘であった。

僕は僕の食べていたそれを、その娘に笑いながら差し出す。

彼女はそれを満面の笑みで、少しだけ掬って食べた。

すると――族長が

「お前の子供が娘に宿った。お前は永遠に――我が種族である。」

と告げたのだった……。

僕は確かにこの娘に――僕の褐色の子供が孕まれていることを――確かな事実として――実感した。――

その次の夢――

僕は闇夜の荒野に立ち竦んで――アントニオ・カルロス・ジョビンの“Chega de saudade”「思いあふれて」を――唄っているのだ……

前者の族長の娘は誰にも似ておらず、しかしてとても美しい娘だった……後者の特異性――僕は夢で自分が慥に唄っている夢を――初めて見たのであった……

« 夢 萩原朔太郎 (アフォリズム集「港にて」の「個人と社會」の冒頭に配された「1 夢」 全) | トップページ | 一言芳談 一一五 »