フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 妊娠夢+詠唱夢 | トップページ | 美の遊行者 大手拓次 »

2013/03/15

一言芳談 一一五

   一一五

 禪勝房、又、生あるものゝ必ず死するがごとく、往生におきては、決定なりと申されけるが、殊縁の往生をとげられたり。此(この)兩三人は、同(おなじき)上人面授(しやうにんめんじゆ)の人々にて、彼の御教訓なり。然れば、決定往生の思ひをなすべきなり。〔此、慈心上人問、行仙上人答也。〕。

〇此兩三人、小藏入道に、蓮生房、禪勝房の事なり。

[やぶちゃん注:この発語部分の特異性や叙述内容から見て、この条に関しては独立させるよりも、前の「一一四」に続けてある方が自然である。なお、「〔此、慈心上人問、行仙上人答也。〕」は珍しい本文割注である。訓読すれば、「此れ、慈心上人が問ひの、行仙上人が答へなり。」か。
「生あるものゝ必ず死するがごとく、往生におきては、決定なり」生あるもが必ず死ぬように、一切の衆生の極楽往生も、これ、既に決定している、というこの禅勝房の驚くべきパラドキシャルな比喩は、私には何かひどく新鮮な気がした。
「同上人面授の人々」法然上人から直々に教えを受けた高弟たち。
「然れば、決定往生の思ひをなすべきなり」だから、一切衆生極楽往生は既に決定(けつじょう)しているという絶対の信心を以って安心して念仏を称えるのがよいのである。
「慈心上人」正三位民部卿藤原長房(嘉応二(一一七〇)年~寛元元(一二四三)年)の法名。後鳥羽院の近臣で参議藤原光長と同参議藤原俊経の娘との子。元久元(一二〇四)年参議、同二年には後鳥羽上皇の皇女煕子内親王の乳父となって皇女を引き取っており、後鳥羽中宮宜秋門院任子にも仕えた。承元四(一二一〇)年、後鳥羽の幕府打倒の意向を諫めかねてとも、法相宗を大成した貞慶の徳を慕ってとも言われるが、突如、出家、その後は奈良に移居して貞慶の門人となった。海住山民部卿入道とも号した(以上は「朝日日本歴史人物事典」に拠った)。]

« 妊娠夢+詠唱夢 | トップページ | 美の遊行者 大手拓次 »