フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 羊皮をきた召使 大手拓次 | トップページ | 薄暮の部屋 萩原朔太郎 (「青猫」版) »

2013/03/04

夕暮室内にありて靜かにうたへる歌 萩原朔太郎 (「薄暮の部屋」初出形)



 夕暮室内にありて靜かにうたへる歌

 

つかれた心臟は夜(よる)をよく眠る、

私はよく眠る、ふらんねるをきて居るさびしい心臟の所有者だ、

なにものか、そこをしづかに動いてゐる夢の中なるちのみ兒、

寒さにかぢかまる蠅のなきごゑ、

ぶむ、ぶむ、ぶむ、ぶむ、ぶむ、ぶむ、

私はかなしむ、この白つぽけた室内の光線を、

私はさびしむ、この力のない生命の動律を。

 

戀びとよ、

お前はそこに坐つて居る、私の寢臺のまくらべに、

戀びとよ、お前はそこに座つてゐる。

お前のながくのばした黑い髮の毛、

お前のほつそりとしたくびすじ、

お前ののをぶるな手足、

お前の透きとほる肉體、

なやみて白き橫顏、

戀びとよ、

物言はぬ私の少女(をとめ)よ、

お前の心配、

お前の思想、

お前の信仰する神樣の愛、

わけてもその不可思議な美しい奇蹟の信念、

このすべてお前が念ずるもののかげ形を私は眺める、

そこにざめざめとした幽靈のやうなもの、

そこに苦しげなるひとつの感情、

そこにまた寂しげなるひとつの風景のひろがり、

病みてせんちめんたるなる愛のキリスト、

および熱情からきたるところの憂欝的信念と少女らしき慘虐性、

むらさき色の花のくさぐさ、その香氣、

およそお前の愛するもの、お前の求める夢のすべてを私は眺める、

私は眺める、かうした霧の中なるいつさいの憂欝を、かうした人間的祈禱の悲しみを。

 

戀びとよ、

私の寢室のまくらべに坐つてゐる少女よ、

この愛らしい、しかしながら憂愁にかたむく少女よ、

お前はそこになにを見てゐるのか、

私についてなにごとを見るのか、

この私のやつれたからだ、肉のうすい手足のかげを見るのか、

靑ざめた神經の會話をきいてゐるのか、

そこにまた、この病弱な心臓をお前は見るのか、

ああ、お前はそこに、あまりに長くそれを見つめて居た、

お前の愛らしい瞳がすべての秘密を知るまでに、

よし、泣くな、いま决して泣くな、私のためにお前の淚をおしんでくれよ、

心をはりつめてゐよ、

よしや苦しくとも、たえず心をはりつめてこのひとつの生命をみよ、

このあたたかみあるものの上にしも、お前の白い手をあてて、手をあてて。

 

戀びとよ、

この閑寂な室内の光線はうす赤く、

そこにもまた力のない蠅のうたごゑ、

ぶむ、ぶむ、ぶむ、ぶむ、ぶむ、ぶむ、

戀びとよ、

私のいぢらしい心臟は、お前の手や胸ににかぢかまる子供のやうだ、

戀びとよ、

遠い墓塲の草かげに眠りつくそれまでは、

戀びとよ。

 

[やぶちゃん注:『詩歌』第七巻十二号 大正六(一九一七)年十一月号に所収する、後掲する後の詩集「青猫」(大正一二(一九二三)年一月新潮社刊)の「幻の寢臺」の巻頭を飾る「薄暮の部屋」の初出形であるが、それとは全く以って別物のように感じられる。敢えて歴史的仮名遣の誤りや衍字と思われるもの(例えば最後から四行目の「胸にに」の「に」)も総てママで示した。下線「のをぶる」は底本では傍点「ヽ」。]

« 羊皮をきた召使 大手拓次 | トップページ | 薄暮の部屋 萩原朔太郎 (「青猫」版) »