フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 船室から 萩原朔太郎 (詩集「宿命」版) | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第八章 団体生活 三 分業と進歩~(2) »

2013/03/18

沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 2

 前代のかた見とて、世に殘る物は神社佛閣なり。平時賴建長禪寺を創む、五山の第一たり。大覺禪師を開山祖となす。此禪師は字は蘭溪諱道隆、大宋より後嵯峨の寛元四年に來朝し給ふ。蜀の人なり。そのかみ千光國師榮西建保年中に入滅し給ふ。我世を去つて後三十三年に來朝の僧あるべし、我三十三年の拈香の師に請ずべし、是を布施しまいらせよとて藕糸の袈裟を殘されけり。年月うつりて三十三年の忌を、筑前國羽堅の聖福寺にしていとなみけるに、來朝の憎もなし。讖もあはぬ也といひける所に、半齋ばかりの時分、太宰府に唐船入ぬ。いかなる人やわたりけると尋ければ、大覺禪師此舟にて來朝也。即拈香に請じける。拈香の語は建仁の錄にみへたり。蜀地雲高、扶桑水快、前身後身、兩彩一賽と云々。千光は扶桑の人也、永快とは千光をいへり。大覺は蜀の産也。雲高とは大覺自らいへり、自贊の語なり、前身とは千光をいひ後身とは大覺のみづからいへるなり。合て一人なり。しかれば兩彩一賽といへる也。藕糸の袈裟今に大覺禪師の塔西來院にあり。千光國師三十三年に、大覺齡三十三にして寛元四年に來朝し給ふ。そのかみ千光の遺言、大覺の來朝、千光の三十三年、大覺の歳三十三、誠に符を合するがごとし。又本朝に三十三年ありて後宇多の弘安元年に壽六十六にて入滅ありき。
[やぶちゃん注:「蘭溪諱道隆、大宋より後嵯峨の寛元四年に來朝し給ふ」寛元四(一二四六)年に来日した蘭渓道隆(諡号大覚禅師)は本文にある通り、奇しくも数え三十三歳であった。
「蜀の人なり」蘭渓道隆は南宋の西蜀(現在の四川省)の出身。
「榮西建保年中に入滅し給ふ」本邦の臨済宗開祖である栄西(諡号千光国師)は建保三(一二一五)年に享年七十五で示寂している。蘭渓の来日は三十一年後であるが、示寂の年からの数え年とすれば三十二年で、事実とすれば驚くべき予言の当確とすべきであろう。
「拈香」は、本来は香を抓まんで焚くことであるが、ここは「拈香文」、禅僧が拈香の後に死者に哀悼の意を表して朗読する文を指し、その儀の主催者とすることであろう。
「藕糸」は「ぐうし」と読み、蓮の茎や根の細い繊維。蓮の糸の意。
「筑前國羽堅の聖福寺」現在の福岡市博多区御供所(ごくそ)町にある聖福寺。建久六(一一九五)年)に、南宋より帰国いた栄西が宋人の建立した博多の百堂の跡に創建した寺で、これが日本最初の禅寺であり、禅道場である。「羽堅」という地名は不詳、識者の御教授を乞う。
「讖」「シン」と読み、予言の意。
「半齋」「はんとき」。凡そ一時間。
「建仁の錄」建仁寺の記録の謂いであろう。禅・天台・真言の三宗兼学の建仁寺は建仁二(一二〇二)年に源頼家の外護により栄西が建立した。三宗兼学であったのは当時の京で真言・天台の既存宗派の勢力が強大であったからであったが、正元元(一二五九)年にはまさにこの蘭渓道隆が第十一世住職として入寺、純粋禅の寺院となった。創建から五十七年後のことであるが、栄西は別の讖(しん)で、自分の示寂の五十年後には本邦で禅宗が最も盛んになるであろう、とも予言しているのである。
「蜀地雲高、扶桑水快、前身後身、兩彩一賽」「大覚禅師語録」に「上堂蜀地雲高扶桑水快前身後身一彩兩賽昔年今日死而不亡今日斯晨在而不在諸人還知落處麼良久香風吹萎花更雨新」とあり、四句目が異なるが、「賽」は優劣や勝負を競うことで、謂いは沢庵の理解でよいであろうと思われる。]

« 船室から 萩原朔太郎 (詩集「宿命」版) | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第八章 団体生活 三 分業と進歩~(2) »