フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之六 尖拔奇藥の事 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第八章 団体生活 三 分業と進歩~(3)/了 »

2013/03/22

沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 4

 第三龜谷山壽福寺は實朝の時に建立し、代も先なりけれど十別の位にてありし。後に五山に任ぜられける故に鎌倉五山の第三に列なれり。千光國師開山租たり。塔を逍遙庵といふ。第四山淨智寺は龜山院の文應元年に來朝ありし徑山無準の法嗣兀庵禪師開山租たり。師檀の緣やあさかりけむ、後四年に時賴既に薨じ給ふ。其後禪師は志ありて宋に歸給ふ。附法の弟子心翁禪師南洲宏海和尚歳わかきをもつて、大宋徑山石溪和尚の法嗣佛源禪師大休正念和尚に言を殘し給ふ。故に心翁・佛源兩師を開山に定む。兀庵を開山とせざる事は故ありとぞ。
[やぶちゃん注:「壽福寺は實朝の時に建立」寿福寺は源頼朝が没した翌年の正治二(一二〇〇)年に、妻の政子が夫の追善のために葉上房栄西千光国師を開山に招いて創建した。
「文應元年」西暦一二六〇年。
「後四年に時賴既に薨じ給ふ」時頼の没年は弘長三(一二六三)年。数えで「後四年」と呼称している。ここに記された浄智寺の開山の経緯は複雑を極める。浄智寺は第五代執権時頼三男北条宗政の菩提を弔うために弘安六(一二八三)年に創建、開基は第十代執権北条師時とされるが、当時の師時は未だ八歳であり、実際には宗政夫人と兄北条時宗の創建になる。以下の開山についても本文にある通り特異で、当初は日本人僧南洲宏海が招聘されるも任が重いとして、自らは准開山となり、自身の師であった宋からの渡来僧大休正念(文永六(一二六九)年来日)を迎えて入仏供養を実施、更に正念に先行した名僧で宏海の尊敬する師兀菴普寧(ごったんふねい)を開山としたことから、兀菴・大休・南洲の三名が開山に名を連ねることとなった。但し、やはり宋からの渡来僧であったこの兀菴普寧は、パトロンであった時頼の死後に支持者を失って文永二(一二六五)年には帰国しており、更に実は浄智寺開山の七年前の一二七六年に没している。沢庵が「兀庵を開山とせざる事は故ありとぞ」には、そうした背景を押さえた叙述である。]

« 耳嚢 巻之六 尖拔奇藥の事 | トップページ | 生物學講話 丘淺次郎 第八章 団体生活 三 分業と進歩~(3)/了 »