フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 一言芳談 一二六 | トップページ | 北條九代記 北條九代記 千葉介阿靜房安念を召捕る 付 謀叛人白状 竝 和田義盛叛逆滅亡 〈和田義盛の嘆願と義憤そして謀叛の企て〉 »

2013/03/28

沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 10

 況かゝるまれなる果報に生れあひて、三棟四棟の殿づくり、軒に軒をならべ、さき草のさきざき川いやましにさかえむ世は、濱の眞砂を數々かぞへてもなをたらぬ祈は、いつの代も下より上をおしなべてうとからぬ心ながらも、いにしへのあとをみれば淺茅が露にやどる月はよなよなかはらず。何事もむかしは蓬がそまに引かへたるをおもふにも、殘るは名也。宮寺などいとなみしはかたばかりも世にとゞまりて、今の世まで是はたれ樣のはじめて草をむすびをき給ふ、是はたれ人のたへたるをかさねて取おこし給ひて今までかくなむと、所の者の口に殘りて傳へ申を、その代の人のかたみとぞみる。是をおもへばみづからの栖居はいかにもして、かたみを神社佛閣に殘さまほしき事也。此世にはあだながらも殘る名はくちずしてつたへ、後の世は佛果の緣とならん。しかるを時の人はかゝることばをかりそめにも聞てはかた腹いたき事にいひなせども、かしこき世々のきみいかばかり智惠ある人も信じきたりたる道なれば、くだりたる世のあさき智惠にては此法をそしりやぶりがたし。やぶるはやすく立るはかたし。やすきは道にとをし、道はいたりがたき物也。百日はかりていとなみし家もやぶるは一日の中にあり。何事もかゝる理とおもふべき事なり。此寺にきてみしますが笠の軒もおち、時雨も露もふりそふあり樣ながら、晨鐘夕梵の聲のみかつがつもたえぬばかりぞ、此法の今少殘りたるしるしとぞきゝし。

  山言金澤寺稱名  響谷晨鐘夕梵聲

  時去池蓮餘敗葉  院荒籬菊尚殘英

  挾楓松竹留秋見  聽雨芭蕉入夜鳴

  屋上峯兮廊下海  登臨終日隔人情

[やぶちゃん注:書き下す。

 

  山(さん) 金澤と言ふ 寺 稱名

  谷に響く晨鐘 夕梵(ゆふぼん)の聲

  時 去りて 池蓮 敗葉(はいえふ)を餘(のこ)し

  院 荒れて 籬菊(りきく) 尚ほ英(はな)を殘す

  楓(かへで)を挾む松竹 秋を留めて見

  雨を聽くの芭蕉 夜に入りて鳴(な)る

  屋上の峯 廊下の海

  登臨 終日 人情を隔つ

 

個人的にこの詩、頗る附きで好きである。]

« 一言芳談 一二六 | トップページ | 北條九代記 北條九代記 千葉介阿靜房安念を召捕る 付 謀叛人白状 竝 和田義盛叛逆滅亡 〈和田義盛の嘆願と義憤そして謀叛の企て〉 »