フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 熊谷小次郎上洛 付 直實入道往生 竝 相馬次郎端坐往生 | トップページ | 一言芳談 一二一 »

2013/03/22

人魚 火野葦平

   人魚

 

 草の葉に卷かれた生ぐさい一通の手紙を、私はひらく。

 

        ―――――――――――――――――――――

 

 あしへいさん。

 また、お手紙さしあげます。先便では失禮いたしました。小説「昇天記」を送つたりなどして、あはよくば芥川賞をと考へたわけでしたが、あとで赤面する思ひをいたしました。もう二度と小説などかかうといふ野心はおこさないことにしました。したがつてこんどは新作ができたから見てくれなどといふのとはちがひます。どうぞ、あのことはお忘れください。

 さて、けふはどうしてもあなたにお話しをして、御意見をうけたまはりたいことがありますので、とつぜんお手紙をさしあげるわけです。實はぢきぢきに參上してお話し申しあげるとよいのですが、あの日以來(どの日なのか、それはあとでお話ししますが)頭痛がして起きられませんので、手紙で失禮いたします。ずきんずきん蟀谷(こめかみ)がうづき、頭の皿の皮がつつぱつてしめつけられるやうで、この手紙をかくこともやつとの思ひです。したがつて頭も混亂してをりますし、文脈もみだれ勝ちになると思ひますけれど、なにとぞ御寛恕(ごかんじよ)くださいますよう。わたしがこんな無理をしてまであなたに手紙をかくわけは、わたしの現在のなやみを一日もはやく解決したいのと、そのわたしのなやみといふのはあなた以外にはわかつてくださるまいかと思ふからです。われわれ河童にたいして、あなたほど深い愛情と理解とを示してくれるひとはほかにありませんし、わたしのいまの奇妙ななやみも、あなたなら解決してくださるやうに思ふのです。おいそがしいでせうが、まづ、ひととほりおききください。

 一週間ほど前のことでした。夕ぐれどきになつて、わたしは棲んでゐる山の池を出て、ぶらりと海岸の方へ行きました。わたしはぶしやう者で、めつたに外出をしたことはなかつたのですが、その日はなぜともなくふと久しぶりに波の音がききたくなつて、海の方へ出かけたのです。もう秋のちかいころですから、たそがれどきになると、ひやりとした風が吹くやうになつてゐて、わたしの棲んでゐる池のおもてに散る木の葉のいろも、季節のうつりかはりをあらはしてゐました。わたしが波の音をききたくなつたといふのも、單調な池の底にあつて、やはり海にひろびろとした秋の氣配をさぐりたくなつたのかも知れません。そんな瓢然(へうぜん)とした思ひが、わざはひとなつて、現在こんな苦痛をなめなくてはならなくなるといふことが、そのときにどうしてわかりませう。

 あまり遠くはないので、まもなくわたしは渚(なぎさ)ちかくへ出ました。まだすつかり陽はおちてゐずに、水平線のうへにうづくまりかさなりあつた鰯雲(いわしぐも)はまつ赤に染まり、雲と雲とのすきまから、金色の放射線が紺碧の中天へつきささるやうにのびだしてゐます。すみきつた濃い藍(あゐ)のいろにひろがつた海ははるかのかなたまで鷹揚(おうやう)なうねりをたたへ、しづかに渚にうちよせ、うちかへします。銀線の曲折をながながとつづかせて、白砂の濱の波うちぎはは眼のとどかぬところまでかすんでゐます。ここの海は荒れることで有名なのですが、風がなければ、こんな靜かなときもあるのでせう。さらさらと竹林のさやぎに似た波の音がこころよく耳にひびいてきます。

 ところが、防風林の砂丘をこえたとき、わたしはたちすくんでしまひました。濱邊には人かげもなく、鷗(かもめ)が二三羽とんでゐるほか海上にも一隻の舟のかげも見えなかつたのですが、ふと渚ちかくになにか白く光るもののあることがわたしの眼にはいつたのです。二町ほどもはなれてゐたでせうか。その白いものはうらよせかへす波にもまれただよつてゐるやうですが、なになのかはじめはわかりませんでした。わたしは、いつたんこえた砂丘をあとがへり、防風林の裏をまはつて、その白いものを正面に見ることのできる位置へ移動しました。きうして、大きな松のかげに身をひそめて、そつと顏をだしました。かるい叫びがおもはず出て、わたしの眼はその白いものに釘づけになりました。

 波にただよつてゐるのはひとりの人間の女でしたが、そのうつくしさはなんにたとへればよいでせう。とてもわたくしにはその女のうつくしさをあなたにつたへる筆をもちません。年のころは十七八かと思はれますが、一絲をもまとはぬ裸身で、すきとほるやうに白い肌はあたかも大理石のやうになめらかに光つてゐます。どこひとつ角ばつたところのないなだらかな身體の曲線は、縱横にうねりまじはり、ぷつとふくらんだ二つの乳房のさきにある薄桃いろの乳首が、紅玉(こうぎよく)をちりばめたやうにみえます。ゆたかな顏、弓なりの眉、ながい捷毛(まつげ)のしたにある二重まぶたのすずしい眼、端正な鼻、二枚のはなびらのやうな唇、わたしが畫家であつたならば、生命をかけてでもかきたいと思ふやうなうつくしい顏です。ときほぐされたながい漆黑(しつこく)の髮はその白い身體になだれまつはり、その女が波にただよふときには、海藻のやうに水面にうきます。女は夢みるやうな眼をして、夕燒の空をあふいだり、はるかの水平線をながめたり、鷗のとぶあとを眼で追つたり、防風林の方を見たりします。わたしは自分のはうに顏がむくとはつとして首をひつこめました。

 それにしても、この女はなにものでせうか。もう海の水もつめたいことでせうに、いつかう氣にしてゐる樣子もなく、たのしげに波にただよつてゐるさまはまつたく海と同化してゐるみたいで、海が自分のすみかのやうにさへ感じられます。わたしはあたりを注意してみましたが、どこにも着物をぬいでゐる樣子がありません。家とてふきんには一軒もないのですから、家から裸のままできたとも思はれないのです。不思議なことに思つてゐるうちに、わたしの疑問はまもなく氷解いたしました。女は渚からあまり遠くないところで波に浮いたりしづんだりしてゐましたが、ふとこれまでは見なかつた身體の下半分がちらと波のうへにあらはれました。わたしはさつきからまつ白いふくらはぎを想像してゐたのですが、波のうへにあらはれたのは鱗(うろこ)につつまれた魚の尻尾で、ああ人魚だつたのだとはじめて悟つたのです。さうとわかればきつきからのさまざまのこと、海と同化してゐるやうなたはむれのありきまなども當然のこととわかります。人魚といふものは話にだけきいてゐましたので、わたしはさらに好奇心をそそられ、つひに、姿をかくして、人魚のかたはらにちかよりました。わたしたちが必要に應じて姿を消すことのできることは、あなたも御承知のことと存じます。わたしは姿を消すと、人魚にちかづいてゆき、波のなかにもぐりました。

 人魚はさういふことは知りませんから、前とすこしもかはらずに、うねりにつれて波のうへをただよひ、やがてなにか歌をうたひはじめました。その聲はあまり高くはありませんでしたが、風鈴(ふうりん)が風にそよぐやうにすずしい聲で、波のうへをながれてゆきます。高くひくく抑揚(よくやう)をつけてうたふのですが、もとよりわたしは歌の意味などわかるはずもありません。ただそのたえいるやうなしらべにうつとりとなるばかりです。水中にもぐつて人魚のまはりをめぐつてゐますと、うたふたびにかすかに胸がふくらんだりちぢんだりし、二つの乳房が息をしてゐるやうにふるへます。腰から下は鱸(すずき)によく似たこまかい鱗におほはれ、そのびいどろのやうないろの鱗は一枚々々みがかれたやうにつやつやしく、うごくたびにきらつきらつと光ります。扇がたにひろがつた尾は梶をとるやうにものやはらかにくねり、ときにはげしくうごいて人魚のからだを急激に推進させます。ときに人魚のからだは夕燒雲のいろを吸ひとるやうにうす紅にそまり、人魚がもぐりますと、長い黑髮が水中にみだれよつて、昆布(こんぶ)がゆらぐやうに妖しいうごきかたをします。人魚のからだのまはりに生まれた水泡が眞珠の玉をまきちらすやうにくるくると舞ひあがります。

 わたしはかういふ人魚の姿態にみとれながら、いつか切なく胸くるしい思ひにとらはれてをりました。人魚があまりにうつくしすぎるからです。わたしはたびたびなめらかな人魚の肌に手をふれたい衝動にかられ、ふつくらとした乳房をくはへてみたい慾望を感じました。また黑髮の林のなかにもぐつたり、腰のうへに馬のりになつてみたいなどとも考へました。しかし、わたしはまるで射すくめられたやうになにをすることもできず、かなしさに泣きたい思ひがしてきたのです。わたしはわたしのみにくさがたまらなくなつて、羞恥のおもひにもはや長くそこにゐることすらつらくなつてきました。河童とうまれた宿命をこれまでいちどもくやんだことはなかつたのですが、このときになつて自分のうけてきた血の宿命をうらむこころがわいたのです。靑みどりいろの身體、毛ばだつた頭髮とそのまんなかにある皿、背の甲羅、みづかきのある手足、とがつたくちばし、さういふ一切のものがすべてきたならしく、けがらはしいもののやうに、嫌惡の感情をもよほしてきました。河童としてこれまでもつてゐた衿侍などはあとかたもなく消えてしまひ、わたしは自分の不運をかこつこころさへ生じて、切なくかなしくなりました。わたしの愚かさをわらつてください。もはやもつてうまれた絶對の宿命として、河童として生きる以外のどのやうな生きかたもできないことがわかつてゐるのに、わたしはそのとき、なにかの奇蹟があらはれて、ふつと人魚にうまれかはることがあるのではないかといふやうな、途方もない妄想に瞬時とらはれてゐたのです。さうしてわたしのからだをふりむいてみて、やはり河童であること知つたときには、かなしみといきどほりで、みづからのからだをうちくだきたいやうな狂ほしい思ひにかられました。すると、わたしをこのやうな悲歎におとしいれた人魚へいきどほりのやうなものがわいて、ふと憎惡の思ひで、人魚をながめましたが、わたしのその思ひなど、たちまちふきとんでしまひました。このやうにうつくしいものをどうして憎むことなどできませうか。わたしの心の變化などはすこしも知らない人魚は、相かはらず白いからだを光らせ、鱗をきらめかせてはおよぎ、眞珠の玉につつまれながら水中にもぐつたりします。わたしもやがてあきらめるこころが出てきて、身のほどしらぬ自分の見榮坊をわらふ餘裕も生じ、ただ人魚のうつくしさのみをたのしむゆとりができました。

 夕燒雲がしだいに茜(あかね)いろをおとしてゆき、海上には夜をまねくたそがれのけはひがながれはじめました。すると、これまではただたのしげにうたつたり泳いだりしてゐました人魚の樣子がにはかに變りました。うつとりしたまなざしが消えて、急になにかをさがすやうなせはしげな眼になりました。これまでのやうな波にたはむれてゐる風情がなくなり、人魚は用事を思ひだしたやうに、水中をあららこちらと眼を八方にくばつて泳ぎはじめました。わたしにはその變化の理由がわかりませんでしたので、ひよつとしたらわたしのゐる事に感づいて、そのあやしいものを探してゐるのではないかとひやりとしました。姿のみえない確信はもつてゐるのですが、むかふも化生(けしやう)のものですから、どんな祕法をこころえてゐるかもわからないし、わたしはすこし遠ざかつていつも逃げられるやうに警戒はおこたらなかつたのです。

 ところがさういふわたしの解釋は杞憂(きいう)にすぎなかつたことがすぐにわかりました。すこし沖に出て、てんぐさ、みるめ、昆布などの海草がしげり、赤い星のやうな人手が、岩のあひだによこたはつてゐるところで、人魚はいつぴきの鯖(さば)をとらへました。それまで、海中に群れてゐた多くの魚たちは人魚が突進してくると、木の葉をふきちらすやうにして逃げてしまつたのです。鈍重ないつぴきの鯖がたうたう人魚につかまりました。すると人魚は鯖の頭と尾とを兩手につかんで、いきなり口にもつてゆきかぶりつきました。そのときのわたしのおどろきを想像してください。わたしはあつけにとられて、ぼかんと口をあけたまま、人魚のそのはしたない動作を見つめてゐました。人魚が急に用事ありげに泳ぎだしたのは、空腹を思ひだしたからだつたのです。人魚はその鯖をむしやむしやと食べてしまひますと、のこつた頭と骨とを投げすてました。さうしてさらにつぎの餌をもとめてまたけはしい眼つきで泳ぎだしました。これまでうつとりとした眼にすんでゐた瞳にはなにかいやしげないろが浮かび、あちらこちら魚を追ひまはす姿は、うつくしいだけにざんにんな不氣味さをはなちます。またとらへられたいつぴきの縞鯛(しまだい)が人魚の食膳にのぼりました。ほくそ笑んでむしやむしやと生身(なまみ)の魚をかじる人魚の口は、耳まで裂けてゐるやうにみえました。人魚はかうして貪婪(たんらん)にひかる眼つきをしてしきりに魚をとらへて食べましたが、つひに、巨大な昆布の林のなかにはいつていつて、そこへ脱糞をこころみました。尻尾にちかいところから黄いろくながいものが繩のやうにいくすぢもおしだされてきて、ちぎれるとながれにつれて底の方へしづんでゆきます。さうしながら人魚は口では魚を嚙んでゐるのです。

 もはやわたしは見るにたへなくなつて、匇々(そうそう)に海を出、重いこころをいだいて、山の池にかへりました。さうして、その日からわたしはえたいのしれぬ懷疑にとざされ、頭痛がしてきておきあがれなくなつてしまつたのです。

 あしへいさん、

 わたしの經驗したことといふのは以上のやうなことですが、あなたはどう思はれるでせうか。わたくしはうつくしさといふものに對する疑念が生じたのです。うつくしきを思ひ、うつくしきにあこがれる心は日ごろからわたしたちにあるわけなのですが、しからばそんなわたしたちを滿足させるやうなうつくしいものが實際にあるだらうか。人魚をはじめ見たときには、わたしはそのうつくしさに身ぶるひがし、日ごろの念願が達しられたよろこびにふるへたのです。ところがその人魚は、のちにはそのはしたないありきまでわたしをおどろかし、せつかくのわたしのよろこびを木つ葉みぢんにうちくだいてしまひました。昆布の林で脱糞したときの人魚ののうのうとした表情、あられもない女だてらの動作にすこしの羞恥をしめさない無智、それはわたしに一種のおそれをすらいだかせました。わたしははたして人魚がうつくしいかどうか、その日から考へはじめてたうとう病氣になり、わからなくなつてしまつたのです。

 人魚はうつくしいのですか。みにくいのですか。どつちですか。

 わたしはもう二度と海岸へ出まいと決心しました。しかしまたあの渚での濃艷な姿態が眼に浮かんできて、出てみたい誘惑にかられます。あのうつくしい姿はわたしの網膜にこびりついてしまつてはなれません。さうしてあとの半分をわすれてしまはうと必死の努力をしてみるのですが、あせればあせるほどその方もいつそうつよく浮かんできて、これも燒きついたやうに消えません。わたしはどうしたらよいのですか。この同じ人魚の二つのことなつた姿のどちらを信じたらよいのですか。どうぞ、わたしに教へてください。

 

        ―――――――――――――――――――――

 

 あしへいさん。

 御返事ありがたうございました。おいそがしいのに、さつそく返事をいただいて恐縮しました。しかし、あなたの手紙はわたしをおどろかせました。あなたは人魚のことはそつちのけにして、わたしのことばかり、かいていらつしやる。

 ――うつくしさをもとめ、うつくしさをうたがふ心、人魚がはんたうにうつくしいかどうかについて眞劍になやみ、たうとう病氣にまでなる心、その君のはうが人魚よりもよつぽどうつくしい。

 こんな一節がある。なにをいつてるんです。そんなことは聞きたくない。

 わたしはまもなく死にます。この手紙をかいてゐても手がふるへ、だんだん弱つてゆくのがわかります。もう頭の皿の水もひからびてしまつて、しめつけられるやうにいたいのですが、しかしいまわたくしはふしぎなよろこびにとざされてゐます。かういふ死にかたをすることは滿足です。

 わたしは、やつぱり人魚のうつくしさを信じることができるやうになりました。人魚はつねにうつくしい。なにもうたがつてみることなんてすこしもなかつた。さうしてそのうつくしい人魚を見たことをわたしはほこりとし、わたしの一生を人魚にささげて悔いのない思ひになりました。あなたもその人魚を見たいと思はれますか。きつと思はれるでせう。しかしけつしてごらんにならないやうにわたしはすすめます。つまり人魚のうつくしさのみに一生をささげて悔いないやうな御覺悟が、あなたにあるかどうか疑はしいからです。

 あの日以來、わたしは病氣になりましたが、それはわたしの懷疑となやみからきたものではありませんでした。あなたがいふやうに、病氣になるほどなやんだなんてことではなかつたのです。なにをおつしやる。あなたにほめてなんか貰ひたくない。わたしが病氣になり、死ななければならないのは、單なる傳説の掟にすぎないのです。はじめ、わたくしはそれを知りませんでした。この前の手紙のときにはまだ知らなかつたのです。見舞ひにきた古老が、わたくしにそのことを教へてくれました。つまり人魚を見たものは死ななければならないのです。これはゆるがすことのできない傳説の掟でした。どうしてそんな殘酷な掟ができたのでせうか。なにもわざわざ見にゆくわけでもなく、ふとゆきずりに出あふにすぎないのに、どうして死をもつて罰せられなければならないか。祕密をのぞかれた人魚の復讐であらうか。しかしながら死を眼前にみて、わたくしはその意味をはつきりと知ることができます。わたしがいまよろこびをもつて、この復讐をうけいれてゐることを申しあげれば、あなたにはすべてがおわかりでせう。

 いや、あなたなんかにはわかるまい。あなたはまたいふにきまつてゐる。うつくしさに殉じて悔いない君のはうこそ、人魚よりよつぽど美しいなんて。

 ああ、あなたもその人魚をいちど見るとよい。さうすればそんな馬鹿なことはいはなくなるにちがひない。道を教へます。ここに地圖をいれておきます。ときどきはきつとあらはれるにちがひないと思ひますから、なるだけ風のしづかな日のたそがれどきに、そこへ行つてごらんなさい。

 もう手がしびれてきました。眼さきがくらくなつてきました。たれかが呼んでゐるやうな氣がします。眠るやうな、夢みてゐるやうなよい氣持です。ではおわかれいたします。さやうなら。

 

[やぶちゃん注:中間よりやや後ろの段落「夕燒雲がしだいに茜(あかね)いろをおとしてゆき、……」の段落冒頭の「夕燒雲」は底本では「夕燒雪」。誤植と判断して勝手に訂した。]

« 北條九代記 熊谷小次郎上洛 付 直實入道往生 竝 相馬次郎端坐往生 | トップページ | 一言芳談 一二一 »