フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 實朝讀書始 付 勢州の一揆對治 | トップページ | 鬼城句集 春之部 人事 »

2013/03/07

一言芳談 一〇六

   一〇六

 

 聖光(しやうくわう)上人、學問を不受(うけず)して云、日來(ひごろ)學し給へる人々だにも、捨てゝこそ念佛をば申されけれ。さばかり惜しきいとまに、念佛をば申さずして學問をする事、無益なり。念佛を申していとまのひまには、さもありなん。

 

〇受けずして、修行をこのまずして、いたづらに學問のみこのむ事をいましめて、同心し給はぬなり。

〇念佛を申して、此言葉をよく見るべし。一向に學問をいましめ給ふにはあらず。

 

[やぶちゃん注:「聖光上人」再録する。浄土宗鎮西派(現在の浄土宗)の祖弁長(べんちょう 応保二(一一六二)年~嘉禎四(一二三八)年)のことである。字は弁阿(べんな)、房号は聖光房。筑前国香月(現在の福岡県北九州市八幡西区)生。現在の浄土宗では第二祖とされる。仁安三(一一六八)年に出家、安元元(一一七五)年に観世音寺戒壇で受戒、天台僧となって比叡山観叡、後に証真に師事した。建久元(一一九〇)年に帰郷して鎮西の聖地油山(あぶらやま)の学頭(一山の統率者)となったが、建久四(一一九三)年に異母弟三明房の死に臨んで深く無常を感じ、浄土教に強く惹かれる。寺務のために上洛した建久八(一一九七)年、法然を訪ねて即日、弟子となった。後に故郷筑前に戻ると筑後国・肥後国を中心として念仏の教えを弘め、筑後国山本に善導寺を建立、九州に於ける念仏の根本道場と成した。弟子に三祖然阿良忠を始めとして宗円・入阿など多数がある(以上はウィキの「弁長」に拠った)。……さて……この大物の学僧の謂いに対する湛澄の註は、これ、発言者の「作家論的分析」や「宗教史的解析」からは正しいであろう。……しかし「一言芳談」という魔界に投げ入れられた時……このような如何にもな「弁解」は、それこそ如何にもな凡愚の所産としか見えなくなる――ということは、私のみならず、ここまで私と同行されてきた読者諸士にとっても素直な感懐であると私は思うている。――そもそも「念佛を申していとまのひまには、さもありなん」(念仏を十全に申し上げていながら、それでも更に時間的ゆとりがあるというのであれば、その暇に学問をするというはよかろう)という謂いは、「念佛を申していとまのひま」あるなどという輩の申し上げておる念仏は、心からの念仏とは言えぬ、寧ろ、暇をつくる「ためにする」念仏である、と聖光は自身の生涯を追想して慚愧の中で断じているのだ――と私は読みたいのである。寧ろ、私は湛澄とは反対に、冒頭のきっぱりとした「學問を不受して」(教理経論の凡愚の学問を拒絶して)の謂いをこそ「此言葉をよく見るべし」と註したい。そうして、それに続けて、正しい呼応の副詞「一向に」の用法を以って、「一向に學問を受けず、いましめ給ふなり。」と続けたいのである。私は即ち、ここには、

〇學問を不受して、此言葉をよく見るべし。一向に學問を受けず、いましめ給ふなり。

と註したいのである。――この私の見解に就いては、これ、識者の意見を乞うものではない、とあらかじめ断っておきたい。]

« 北條九代記 實朝讀書始 付 勢州の一揆對治 | トップページ | 鬼城句集 春之部 人事 »