フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 雪をのむ馬 大手拓次 | トップページ | 耳嚢 巻之六 物を尋るに心を盡すべき事 »

2013/03/28

詩人と詩作家 萩原朔太郎

       詩人と詩作家

 

 小説家にとつて、文學は職業であり、食ふための仕事でもある。だが詩人にとつて、文學は職業でなく、いかなる生計的の仕事でもない。なぜなら詩の使命は、文學をかかる俗事の上に、純粹な創作として、眞の表現を意志することにあるのだから。詩人は所謂「作家」ではない。詩人は三年に一度、もしくは十年に一度、一篇の薄い詩集を書けば好いのである。或は全く、一筋の本すら出さないで好いのである。絶えず不斷に勉強して、毎日詩を書くといふ如き人物は、そのビヂネス的な心がけからして、既に本質的の詩人ではない。生涯に一度、二篇の善い詩をかいた人は、詩精神を失はない限りに於て、死後迄も尚永遠の詩人である。數千篇の詩を作り、孜々として詩壇的に活躍し乍ら、眞の詩精神を持たないやうな「詩作家」が、いかに現代の詩壇に多いことぞ。詩を進歩せしめるものは詩人のみ。詩作家ではないのである。

 

[やぶちゃん注:昭和一五(一九四〇)年創元社刊のアフォリズム集「港にて」の冒頭パート「詩と文學 1 詩――詩人」の十三番目、先に示した「醜は凡庸に優る」の直後に配されたものである。「孜孜」は「しし」と読み、熱心に努め励むさま。]

« 雪をのむ馬 大手拓次 | トップページ | 耳嚢 巻之六 物を尋るに心を盡すべき事 »