フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 生物學講話 丘淺次郎 第八章 団体生活 二 社會~(2) | トップページ | 一言芳談 一〇八 »

2013/03/08

柳に就いて / 柳  萩原朔太郎

 柳に就て

放火、殺人、竊盜、夜行、姦淫、及びあらゆる兇行をして柳の樹下に行はしめよ。夜に於て。光る柳の樹下に行はしめよ。
かかり塲合に於ける、すべての兇行は必ず靈性に生ず。
そもそも柳が電氣の良導體なることを、世界に於て最初に發見せるもの我々の先祖にあり。
しかも極めて不徹底に無自覺に、あまつさへ、傳説的に表現せられしところの新人の增補がある。

手に兇器を所持して人畜の内臟を電裂せんとするの兇賊がある。
彼はその愛人の額んに光る鑛石を射擊せんとして震慄し、かつ疾患するところの手を所有する。
かざされたるところの兇器は、その生あたたかき心臟の上におかれ、生ぐさき夜の靈智の呼吸に於て、點火發光するところのぴすとるである。而して見よ、この黑衣の曲者も、白夜柳の木の下に停立凝視する由所である。

[やぶちゃん注:『詩歌』第五巻第二号(大正四(一九一五)年二月号)所載。下線部「ぴすとる」は底本では傍点「ヽ」。後の大正一二(一九二三)年七月新潮社刊の詩集「蝶を夢む」に所収された、次に示す「柳」の初出形である。]

 柳

放火、殺人、竊盜、夜行、姦淫、およびあらゆる兇行をして柳の樹下に行はしめよ。夜において光る柳の樹下に。
そもそも柳が電氣の良導體なることを、最初に發見せるもの先祖の中にあり。

手に兇器をもつて人畜の内臟を電裂せんとする兇賊がある。
かざされたるところの兇器は、その生(なま)あたたかき心臟の上におかれ、生ぐさき夜の呼吸において點火發光するところのぴすとるである。
しかしてみよ、この黑衣の曲者(くせもの)も、白夜柳の木の下に凝立する所以である。

[やぶちゃん注:大正一二(一九二三)年七月新潮社刊の詩集「蝶を夢む」より。初出の萩原朔太郎弾劾裁判所法廷に提出されたる自白調書に比して、遙かに有罪――死刑――に処し難い――悪しき杜撰な被告詩人の生活史の朦朧さを見よ!]

« 生物學講話 丘淺次郎 第八章 団体生活 二 社會~(2) | トップページ | 一言芳談 一〇八 »