フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」 1 (昨日公開分は破棄して注を大々的に施した) 始動 | トップページ | 鬼城句集 春之部 燕 »

2013/03/17

一言芳談 一一七

  一一七

 

 法然上人、常の御詞(おんことば)に云く、哀(あはれ)、今度(こんど)しおほせばやなと、其時、乘願房申さく、上人だにもか樣(やう)に不定(ふぢやう)げなる仰(おほせ)の候はんには、まして其余(そのよ)の人はいかゞ候ふべきと。其時、上人うちわらひて、の給はく、蓮臺(れんだい)にのらんまでは、いかでか此思ひはたえ候ふべき、云々。

 

〇哀、今度しおほせばやなと、しおほせばやなとは極樂往生のことなり。

〇蓮臺にのらんまでは、決定往生の道理にはうたがひなけれども、まさしく其境見つくるほどの事はなきなり。西要抄に、むかへの蓮を見てこそと、いぶかしさをのこされければとある、これなり。くはしくは諺注にしるしたれば見るべし。

 

[やぶちゃん注:法然の言葉は実に爽やかな風の匂いがするようだ――微かな蓮の花の香りをのせた……

本篇本文はⅠに拠らず、Ⅲに拠った。Ⅰでは法然の語録を意図的に集中させた「安心」の分類項の二番目に配されて、冒頭も「又云、あはれ此度しおほせばやなと」と大きく異なっているからである(但し、以下に見る通り、Ⅰの方が法然の直話の原形に近いものとは判断される)。標註の引用部もここでは変えた。

「御詞」Ⅱの大橋氏注に、「法然上人行状絵図」の第十一、「和語燈録」巻五、「閑亭後世物語」巻上にもある旨の記載がある。「和語燈録」とは道光(望西楼了慧)の編になる法然の遺文・消息・法語などを集成した、文永一一(一二七四)年から翌年にかけて成立した「黒谷上人語燈録」全十八巻の内、中下巻(十一巻以降)の和語(一巻から十巻までは漢語)で書かれたものを指す。法然滅後六十余年の時期において法然の遺文等定本化を図り、教義や信仰上の準拠たらしめんとしたものである(「和語燈録」部分は平凡社「世界大百科事典」に拠る)。「閑亭後世物語」は隆寛(久安四(一一四八)年~安貞元(一二二八)年)の書いた法然の伝記。「和語燈録」には(ネット上テクストを正字化して示す)、

ある時又の給はく、あはれこのたびしおほせばやなと。

その時、乘願申さく、上人だにもかやうに不定げなるおほせの候はんには、ましてその余の人はいかが候へきと。

その時上人うちわらひての給はく、蓮臺にのらんまでは、いかでかこのおもひはたえ候べきと。

但し、末尾に「閑亭問答集よりいでたり」と割注があるから、これ自体が「閑亭後世物語」辺りから引いて来たものらしい。

「今度しおほせばやな」今度こそしっかりと極楽往生をし遂(おお)せたいものだなぁ。

「西要抄」向阿証賢(こうあしょうけん)が元亨年間(一三二一年~一三二四年)に書いた「三部仮名鈔」(総称)を構成する「帰命本願鈔」(三巻)・「西要鈔」(二巻)・「父子相迎」(二巻)の一つ。和文で浄土宗の教義を説く。

「諺注」は「げんちゆう(げんちゅう)」と読み、俗語による注釈のこと。当時の現代語による注釈の意であろう。「西要鈔諺注」は実はⅠの「標注増補一言芳談抄」の作者湛澄によるもの。これ、自己の著作の宣伝である。]

« 沢庵宗彭「鎌倉巡礼記」 1 (昨日公開分は破棄して注を大々的に施した) 始動 | トップページ | 鬼城句集 春之部 燕 »