フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之六 物を尋るに心を盡すべき事 | トップページ | 沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 10 »

2013/03/28

一言芳談 一二六

   一二六

 

 聖光上人云、凡夫は歷緣對境(りやくえんたいきやう)の名利をば可發(おこすべき)なり。但し、往生の解行(げぎやう)につきては一向(いつかう)、眞實なるべし。

 

〇歷緣對境の名利、緣にふれ、境に對して、名聞利養なり。それはさのみ往生の障にあらず。

 

[やぶちゃん注:「歷緣對境」Ⅱの大橋氏注に、『原意は行住坐臥の縁にふれて、色声などの認識の対象に対することをいう』とある。現世の不可避の欲望を指していよう。

「可發なり」この「べき」は適当である。そうした現世に於いて、しがらみとしての名利に関心を持つのは構わない、必然的に仕方がないことだ、と言っているのである。

「解行」仏教の教理の理解と実践的な修行。

「一向、眞實なるべし」Ⅱで大橋氏は、『ひたすらまことの心でなくてはなりません』と訳す。往生決定だけは――誠心でなくてはならぬ/誠心である、と言っているのである。]

« 耳嚢 巻之六 物を尋るに心を盡すべき事 | トップページ | 沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 10 »