フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« レンブラント 自画像 | トップページ | 鬼城句集 春之部 地虫穴を出づ »

2013/03/11

一言芳談 一一一

   一一一

 敬佛房云、同朋を呵(か)して云、おのれは荷籠負(かごをい)の足(あし)ためんずるものなり。

〇同朋、同法ともかくなり。おなじく宿する弟子等なり。
〇足ためんずるもの、たはめんとする事也。則揉の字。ひきつくろひ、よろしくして、かご負(をは)んとせしを呵するなり。(句解)

[やぶちゃん注:「呵して」叱って。
「おのれは荷籠負の足ためんずるものなり」少なくとも私には意味を採り難い。大橋氏は、『そなたたちはかごを背負いながら、まだ負いたりないのか、足だめししている(重荷を負ったうえにもなお荷を負うようなことをしている)』と訳されておられる。修行のいらぬ工夫という意味で、修行者の荷籠への執着を一喝するという、ここまでの「一言芳談」的世界では納得出来る内容ではある。が、私は、この『かご』は『実際/実在の籠』であって、同時にまた、『実際/実在の籠』ではないようにも思われるのである。目に見えぬ『籠』である。現世に生きるという大いなる修行者も避け得ぬ、如何なる衆生も背負わねばならぬ煩悩、『業の籠』なのではあるまいか? 逆説的に、これ以上の往生の因縁となる(煩悩や業がなければ、そもそも往生を祈念する必要がない。往生決定であるからである。さればこそ障害こそが実は往生の因縁であると私は思うのである)ものを、
――お前たちは、なおも背負いたいと思うのか! 馬鹿どもが!
と敬仏房は言っているように私には思えるのである。]

« レンブラント 自画像 | トップページ | 鬼城句集 春之部 地虫穴を出づ »