フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 僕は | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 2 二歳 »

2013/04/12

栂尾明恵上人伝記 1 /カテゴリ「栂尾明恵上人伝記」始動

栂尾明惠上人傳記 

 

[やぶちゃん注:底本は国立国会図書館デジタルラブラリーのパブリック・ドメインである奥田正造編「栂尾明惠上人傳記」(東京・昭和八(一九三三)年)の、画像(http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1191363)視認から起こした(この底本は旧所持者が誤植と思われるものを手書きで補正している。肯んずることの出来る箇所はその補正を用いた)。但し、誤読の恐れのない一部のルビについては省略した。割注は同ポイントで〔 〕で示した。 

 本作は明恵の弟子喜海が著わしたとされる明恵の伝記である。但し、その内容から現在では完本の成立は南北朝期と考えられており、喜海作というのは仮託とされている。

  本テクスト化は私の明恵の「夢記」の私訳注附の電子テクスト化プロジェクトに合わせ、その参考資料として供することを専らの目的として開始した。従ってテクスト化スピードを高めるため、ブログ版では原則、注を附さない。将来的にはHP版として注を附したものを目指す。【ブログ始動:2013年4月12日】]

 

栂尾明惠上人傳記卷上

 

 沙門高辨(しやもんかうべん)は、紀伊の國有田郡石垣の吉原(よしはら)村にして生る。姓は平(たひら)、父重國(しげくに)は高倉院の武者所(むしやどころ)なり。母は藤原宗重(ふじわら)むねしげ)が女(むすめ)なり。治承四年〔庚子〕正月、母におくれ、同九月、父におくれたり。時に八歳にて、二親早世するに依りて、伯母に養育せらる。

 

 そのかみ、父重國、法輪寺に常に參詣して、子息を祈請す。或夜の夢に、童子一人來て告げていはく、「汝が請ふ所の子を與(あた)へん」とて、一の針(はり)を以て耳を刺すと見る。又母、六角堂の觀音に詣で、日を經て堂を遶(めぐ)る事萬遍(まんべん)、其の間 普門品(ふもんぼん)を誦(じゆ)す。祈請(きせい)していはく、「我れ受け難き人身(にんしん)を得たりといへども、女人(によにん)は無智にして必ず人身を失却(しつきやく)せん。願はくは大慈大悲我が後世(ごせい)を助くる程の子一人給へ」と祈念す。承安元年孟夏上旬の比(ころ)、堂前に坐して眠る。夢に人來りて、金果一顆(くわ)を與(あた)ふ。之を取つて懷(ふところ)に入ると見る。其後幾(いくばく)ならずして懷姙す。同三年〔癸巳〕正月八日、辰剋(たつのとき)日出(ひので)の時に誕生す。



その冒頭から、稀有の「夢記」を残した明恵の出生自体に、まさに父母の夢が関わっている事実に、我々は驚愕せざるを得ない。

 

« 僕は | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 2 二歳 »