フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 海産生物古記録集■1 「立路随筆」に表われたるカツオノエボシの記載 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 18 明恵の与り知らぬ勝手に神憑り託宣の話 »

2013/04/18

沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 26

 おふぎの谷におりゐてみれば、あふぎがたにほりたる石の井あり。名水とはいへども夏とてもむすびつべうも覺えず。山のかたにもみぢ色よくそめてつまくれなゐのあふきがやつとぞ見し、

  ゆふかほのしろきあふきのやつなれや つまこかしたるやまのもみち葉

[やぶちゃん注:「おふぎの谷」扇ヶ谷(おおぎがやつ)。

「あふぎがたにほりたる石の井」扇ヶ谷の飯盛山の麓の個人の敷地内(本田邸)にある鎌倉十井の一つ。扇の井。「鎌倉事典」によれば、『井戸は底まで、開扇状に掘り貫かれ、十井の中でも凝った珍しいものといえる。名の由来は、井戸形が開扇状であるためとか、この谷戸が「扇ケ谷」とよばれるため、あるいは源義経の妾静御前が舞扇を納めたためなどといわれている。昔は「亀ケ谷坂」を越えてきた旅人たちの大切な飲み水であったという。「扇ノ井」の銘のある板碑も本田家に伝わる』とある。しかし、沢庵が訪れた際には、すでに水質が低下していたようである。

「ゆふかほのしろきあふきのやつなれや つまこかしたるやまのもみち葉」の上句は「源氏物語」の「夕顔」の冒頭で、夕顔の咲く家の女に興味を持った源氏が、見知らぬ夕顔の花にことよせて、惟光に花を摘らせに行かせた折り、女童(めのわらわ)が、

白き扇のいたうこがしたるを、「これに置きて参らせよ。枝も情けなげなめる花を」とて取らせたれば、

(白い扇で、たいそうよき香を薫きしめたのをさし出だし、「これに載せてその御方に奉って下さいまし。はかない花は勿論のこと枝振りも、如何にも風情のなさそうな花ですもの。」

と言って惟光にとらせたので、)

というシーンをインスパイアした和歌である。]

« 海産生物古記録集■1 「立路随筆」に表われたるカツオノエボシの記載 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 18 明恵の与り知らぬ勝手に神憑り託宣の話 »