フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之六 きむらこう紋所の事 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 16 耳自切後の白上で »

2013/04/14

沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 23

 次の日は龜谷山壽福寺に入る。逍遙院も今はなし。逍遙院はあやにくに水かれて草あをし。入定の石龕荊棘かこみ藋藜させ り。方丈も今はなし。殘りたる一院にいさゝか開山塔をかまへて香燈をそなふ。千光國師の尊像儼然たり。佛殿もかたばかりの體なり。淨妙寺は小佛殿・方丈是もかたばかりの體也。天地只一僧寂寞の扉をとぢて音もせず。開山塔をば光明院ときけど、光や地におちけむとおもふばかり也。

[やぶちゃん注:「逍遙院」は開山栄西の開山塔である逍遙庵のことである。

「あやにくに」もとは形容動詞ナリ活用の連用形であるが、ここでは副詞化されて、期待・本意に背いて、生憎、の意。

「水かれて」とあるから逍遙院には相応の大きさの池塘があったものと思われる。

「藋藜させ り」空白はママ。底本には右に『(藜藋しけりィ)』という編者注がある。「藜藋」は音「レイチ」で、ナデシコ目ヒユ科 Chenopodioideae 亜科 Chenopodieae 連アカザ属 Chenopodium シロザ Chenopodium album 変種アカザ Chenopodium album var. centrorubrum のこと(「藋」もアカザの一種であるアオアカザ=基準種シロカサザのことを指す)。ここは恐らくあかざが生い茂った扉の意である「藜戸(れいこ)」、あばら屋のことを表現しようとしたものと思われる。

「千光國師の尊像儼然たり」栄西の像。「鎌倉市史 社寺編」の「寿福寺」の項では沢庵の記載を引用して、『寿福寺の頽廃悲しむべきものがある』と記した後、

   《引用開始》

 その後、半世紀たって『新編鎌倉志』ができるが、この時には外門(『鎌倉五山記』にあった「天下古刹」の額はいまはない)・仏殿・祖師堂・土地堂・鐘楼及び塔頭の桂蔭・正隆・悟本・積翠の四庵があったという。仏殿の本尊は釈迦三尊であって現在に伝えられているが、これは当時から籠釈迦(かごしゃか)とよばれた。仏殿にはまた現在観音菩薩坐像がある。これは永禄十三年仏師信濃法印快円という人の作であることがその胎内銘によってわかっている。

 祖師堂(開山堂)には達磨(だるま)・臨済・古文及び開山明菴栄西の像があった。沢庵のみた千光国師像であろうが、これについては慶長四年に上記快円が彩色を施したことが報国寺所蔵の願文(『史料編』一ノ三七八)にみえる。この願文によると天文十年に快円の父泉円が黒漆に塗ったが、その泉円の三十三回忌の布施や開山堂二度の造営の奉加銭未進のため、快円が像の彩色の寄進をもってこれらに替えるために施したものらしい。扇ケ谷は古くから仏師の居住地であり、寿福寺には仏師の家の墓も多いが、この願文によると生活は豊かであったともみえない。しかし沢庵が「千光国師の尊像儼然たり」と印象づけられたことは像が秀作であるからであるのは勿論であるが、快円の彩色も面目を施したことになる。[やぶちゃん注:中略]

 この仏殿は沢庵が「形ばかりの体」と評したものであるが、この『鎌倉志』ができて一二年後の元禄十二年及び十六年に鎌倉は大地震に襲われている。大正大震災後の大正十三年十二月十七日仏殿大改修の日に、開山五百年忌の時仏殿を造立させる旨の古記が組子古材の内から発見されたという(当寺所蔵記録に当時の住持元譲和尚の書留めたものがある)。即ち開山五百年忌といえば正徳四年であるからその直前に再建したものであろう。時の住持は法山禅演であった。

   《引用終了》

正徳四年は西暦一七一四年であるから、沢庵来訪の八十一年後のことである。籠釈迦や寿福寺の詳細については新編鎌倉志の「壽福寺」の項や私の注を参照されたい。]

« 耳嚢 巻之六 きむらこう紋所の事 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 16 耳自切後の白上で »