フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« みどりの狂人 大手拓次 | トップページ | 耳嚢 巻之六 得奇刄事 »

2013/04/23

橋上 萩原朔太郎 + 荘子 秋水篇 『知魚楽』

 

 橋上

      ――詩壇の議論家に捧ぐ――
 

 

 支那のある水郷地方。

 白柳が枝をたれて、陽春の長閑かな水が、橋の下をいういうと流れてゐる。

 橋の上に一人の男がたたずんでゐる。男はぼんやりと考へながら、川の流れを見つめてゐた。

「どうした? 惠子。」

 さういつて一方の男が、後から肩を叩いた。男は詩人哲學者の莊子であつた。

「あれを見紛へ。」

 二人は默つて、しばらく水面を眺めてゐた。午後の物うげな日光が、橋の欄干にただよつてゐる。支那風の苫船が、白柳の葉影につないであつた。

「何が見える?」

 暫らくして莊子が言つた。

「魚さ」

 惠子が退屈さうに答へた。惠子は若い哲學者で、辯證論の大家であつた。

「見給へ! 奴があの水の中を泳いでゐる樣子を。實に愉快さうぢやないか。」

「わかるものか。」

 莊子が反抗的の態度で言つた。二人は始から敵であつた。個人的には親友であつたけれども、思想上では事事に憎み合つた。趣味が、あらゆる點で反對してゐた。

「人間に魚の心がわかるむのか。魚自身にとつてみれば、あれで悲しんでゐるかも知れないのだ。それとも何か、君には魚の心がわかると言ふのか?」

 いつも抽象的な論理をこねて、彼の詩的な思想に楯をつく敵に對し、ここで復讐してやつたことが、莊子は嬉しくてたまらなかつた。しかし惠子は負けなかつた。彼は皮肉らしく落付いて返事をした。

「その通り! 僕にはちやんと魚の心がわかつて居るんだ。」

「何だと?」

 莊子が呆れて叫んだ。

「獨斷だ! おどろくべき獨斷だ。ふん! いつでも君の議論はそんなものさ。」

「よろしい。」

 惠子が靜かに反問した。

「では聞くがね。人間に魚の心がわからないといふならば、どうしてまた、僕の心が君にわかるだらう? 僕は現に、魚の心を知つてると告白してゐる。然るに君は、勝手に僕の心を否定してゐる。どつちが獨斷かね。」

(莊子の一節から)

 

[やぶちゃん注:『詩神』第二巻第一号・大正一五(一九二六)年一月号。以上の引用は総てママである。一読お気づきのことと思われるが、朔太郎は原話の荘子と恵子の関係を逆転させている。当初、私は単に朔太郎の誤認とも思われたのであるが、どうもこれは確信犯のような気がする。副題の「詩壇の議論家に捧ぐ」とあるが、本話(原話ではない)の「詩壇の議論家」とは、実にその『詩人哲學者の莊子』である。しかも『詩人哲學者の莊子』は『いつも抽象的な論理をこねて、彼の詩的な思想に楯をつく敵に對し、ここで復讐してやつたことが、莊子は嬉しくてたまらなかつた』とある。荘子は普段自分を真正の「詩人」と自認しており、彼が絶対と考える『彼の詩的な思想』にちゃちゃを入れる『惠子』には、普段から不快を抱いていたのだ。この話柄の荘子は、その彼に『復讐』出来たことが如何にも嬉しいという、如何にも俗な詩人を標榜する『莊子』なのである。しかし『惠子は負けなかつた。彼は皮肉らしく落付いて』、かの鮮やかな論理によって『復讐』のための『詩人哲學者の莊子』の『獨斷』を見破るのである。この話では終始一貫して(話柄中一回も矛盾せず)『若い哲學者で、辯證論の大家』で何時も『退屈さうに』世界を見ている『惠子』こそが万物に通底する心を知る真の詩人であり、世間的に詩人と認定されている『莊子』が、実は復讐のために相手を追い込むえげつない非詩人として描かれているのである。原話の最後の部分を変改して断ち切っている点からも、朔太郎は原話のようなロジックやメタ・ロジックの問題をここで語ろうとしているのでもないことが分かる。

 即ち、ここでは文章構造上――萩原朔太郎こそがこの『退屈さうに』世界を見ている『惠子』であり――自称詩人を標榜して雨後の竹の子のように「詩人」として現われ、詩壇で盛んに『詩的な思想』なるものを囀っている『詩人哲學者の莊子』こそが『詩壇の議論家』たち――であることになる。

 しかし――しかし、私は今一つの解釈が定立するように見える。即ち、文字通り、素直に、

――真正詩人を自認する『詩人哲學者の莊子』=萩原朔太郎

でよい。そうすると、では、当時、朔太郎にとって、『詩壇』で詩人でもないのに詩人面をし、しきりに詩について対等に『議論』ふっかけてこようとする自らを詩人と自称したい人物、

――『若い哲學者で、辯證論の大家で』ありながら、いつも『退屈さうに』世界を見つめている『惠子』、『個人的には親友であつたけれども、思想上では事事に憎み合』い、『趣味が、あらゆる點で反對してゐた』、内実に於いては『始から敵であつた』『惠子』、『いつも抽象的な論理をこねて、彼の詩的な思想に楯をつく敵

とは誰であったを考えて見ればよい(下線部やぶちゃん)。

 これは一人しか、いない、のだ。

 即ち、

――『若い哲學者で、辯證論の大家』=芥川龍之介

である。

 以前の注でも既に書いたように、朔太郎は畏友芥川龍之介のことを、

「詩を熱情してゐる小説家である」

と一刀両断にし、

「詩が、芥川君の藝術にあるとは思はれない。それは時に、最も氣の利いた詩的の表現、詩的構想をもつてゐる。だが無機物である。生命としての靈魂がない。」

と公言して憚らなかった(その前後の頗る忘れ難い印象的な複数のシークエンスを我々は萩原朔太郎の「芥川龍之介の死」の中に見出すことが出来る。特にその「11」から「13」である――私は「13」の朔太郎と龍之介の最後のショットを確かに実見したという不思議な錯誤記憶さえあるのである――リンク先は私の電子テクストである)。

 以上の事実を透して、この奇妙な一見とんでもない不全誤訳にしか見えない話を再読すると、私はしかし、妙にすっきりと腑に落ちるのである。

 これは私のオリジナルな『獨斷』ではある。恐らくは、誰もこんなことを問題にしているアカデミストはおるまい。ただの萩原朔太郎の勘違いの一文として葬られていたのではなかろうかと推察する。

 大方の御批判を俟つものである。

 

 最後に。荘子の「荘子(そうじ)」「秋水篇」の、一般に「知魚楽」などという通称で知られる原話は、私が頗る愛するもので、教員時代には漢文でしばしば教材として用いたので、記憶している教え子諸君も多いであろう。以下に原文と訓読及び私の語注、さらにオリジナル現代語訳(今回全面的に新訳した。特に現在時制にしてシナリオのように示すことで新味が出たとは思う)を配して往古を偲ぶよすがとする。

 

○原文

莊子與惠子、遊於濠梁之上。莊子曰、「鯈魚出遊、從容。是魚樂也。」。惠子曰、「子非魚。安知魚之樂。」。莊子曰、「子非我。安知我不知魚之樂。」。惠子曰、「我非子。固不知子矣。子固非魚也。子之不知魚之樂、全。」。莊子曰、「請、循其本。子曰、『女、安知魚樂』云者、既已、知吾知之而問我。我、知之濠上也。」。

 

○やぶちゃんの書き下し文

 莊子、惠子と濠梁(がうりやう)の上(ほと)りに遊ぶ。

 莊子曰く、

「鯈魚(いうぎよ)出でて遊び、從容(しようよう)たり。是れ、魚(うを)の樂しむなり。」

と。

 惠子曰く、

「子は魚に非ず。安(いづく)んぞ魚の樂しむを知らん。」
と。

 莊子曰く、

「子は我に非ず。安んぞ我の魚の樂しむを知らざるを知らん。」
と。

 惠子曰く、

「我は子に非ず。固(もと)より子を知らず。子は固より魚に非ざるなり。子の魚の樂しむを知らざるは、全(まった)し。」

と。

 莊子曰く、

「請ふ、其の本(もと)に循(したが)はん。子曰はく、『女(なんぢ)、安んぞ魚の樂しむを知らん』と云ふは、既已(すでにすで)に、吾の之(これ)を知れるを知りて我に問ひしなり。我、之を濠の上りに知れり。」

と。

 

○やぶちゃんの語注

・「惠子」恵施(けいし 紀元前三七〇年頃~紀元前三一〇年頃)。戦国時代の思想家・政治家で宋の出身であったが魏の恵王・襄王に仕えた。諸子百家の「名家」(論理学派。一種の詭弁術)に分類される。

・「濠梁之上」「濠」は掘割で、「梁」はそこに設けられた簗(やな)、「上」は訓じたように畔(ほとり)の意。この「梁」を一般には、魚類を飼いおくために河川の一部を石で囲ったりして人工的に造った生簀(いけす)とし、ずっと私もそう注して来たが、「濠」を固有名詞の川名として濠水、「梁」は橋の意と採る説もある。私は今回再考してみて、従来のアカデミズムや字義上の大勢より何より、荘子の泥亀と同じであって、この魚たちが生簀に飼われているというシチュエーション自体が甚だ「荘子」的世界には相応しくないという思いに至った。従って現代語訳では従来の私の訳を変え、ここは「掘割の橋の上」と変更することとし、最後の「上」は広角で撮って「畔り」とした。

・「鯈魚」(現代仮名遣「ゆうぎょ」)狭義には淡水産のハヤやオイカワを、広義には細長くて小さい魚の総称。後者でよい。

・「安知我不知魚之樂」この「安(いづく)んぞ」は反語形で、『私(=荘子)に魚の楽しみが分かる』ということが有り得よう、いや、分からぬ、の意である。次の注を参照のこと。

・「『女、安知魚樂』云者」「安んぞ」には実は「どうして」という疑問や反語の意の他に、「どこで」という場所を問う疑問の意味もある。勿論、先の恵子の反義は「どうして~しようか、いや、~しない」の意の反語形であったのだが、ここで荘子は、それに加えて、「どこで」の意も含ませて用いている。それは「知之濠上也」(たしかにこの『ここの掘割の畔り』にあって直ちに魚の心を知った)と呼応して、時空間の混然一体となった荘子的宇宙が最後に示されるのである、と私は採るものである。これを面倒になった荘子が、詭弁、レトリックを弄し、字義をすり替えて(ずらして)議論を収束させたのだとするような見解もあるようだが、私は、採らない。それでは最早、本話はただの頓智話と化してしまって、「荘子」の世界の話では、ない、からである。無論、これが後代の荘子でない誰かによって書かれた偽文であるならばその解釈もあってよかろう。――いや、その可能性は勿論、大いにあるのであろうが――それでも私は、あくまで本話を真正の荘子哲学として読み解きたいのである。本話が人口に膾炙するに功のある湯川秀樹先生が本話を愛された理由も、そうしたこの話柄の持つ宇宙観に基づくものだと、私は信じて疑わないのである。

 

○やぶちゃん現代語訳
 

 荘子が恵子とともに掘割の橋の上を逍遙している。

 荘子は川面を眺めながら、

 

「魚(さかな)が出て、悠々と泳いでいるじゃないか。いや、まっこと、魚たちは楽しんいるんだねぇ。」

 

と呟く。

 すると、それに対して恵子は、

 

「君は魚じゃない。――だから君に魚の楽しみが分かるはずがないね。」

 

と、いなす。

 それに荘子が答えて、

 

「君は僕じゃない。とすればだ、

『僕に魚の楽しみが分からない』

ということがどうして

『君に分かる』んだい? 分かるはずがないよねぇ?」

 

と応酬する。

 すると恵子も黙ってはいない。

 

「僕は、君でない。だから勿論、君のことは分からない。……しかしその同じ論理によって、

『君は魚ではない』

『だから君には魚の楽しみが分からない』

と導けるぜ! どうだい!

『君には魚の楽しみが分からない』

ということは最早、疑いようがない事実だろう?!」

 

 しかし、荘子は徐ろに、静かに、語りかける。

 

「――どうか一つ、今一度、このやりとりの基本に立ち戻ってみようじゃないか。

 君はさっき僕に、

『どうして君に魚の楽しみが分かるろうはずがあるんだ? いや、分からんね!』

と訊いたよ、ね?

ところが、君は、その発問を君がする、それよりもずっと以前から、すでにして、

『僕が魚の楽しみを分かっていると認識している』

ということを、

『君はすでに知っていた』

のだよ、ね?

 だからさ!

 それと全く同じように、僕はまさに――

――『この橋の上で』『確かに』あの魚たちの楽しみが『分かった』

のさ!」

 

懐かしい……実に、懐かしいではないか……こういうものを教えることは私とって頗る至福だった……が……それを以ってつまらぬ試験問題を作り……それを以って評価なんどというものをしなければならなかったのは……これ、実に、『既已(すでにすで)にして』、昔から最後まで、私の教師の仕事の中(うち)、未来永劫、おぞましい記憶として残るのだということだけは、これ、述べて、本注を終わりとする。]

« みどりの狂人 大手拓次 | トップページ | 耳嚢 巻之六 得奇刄事 »