フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 白い髯をはやした蟹 大手拓次 | トップページ | 初夏の印象 萩原朔太郎 (「純情小曲集」版) »

2013/04/22

初夏景物 萩原朔太郎 (「初夏の印象」初出形)

 初夏景物

昆蟲の血の流れしみ、
ものみな精液をつくすにより、
この地上はあかるく、
女(おんな)の白き指よりして、
金貨はわが手にすべり落つ。
時しも五月のはじめつかた、
幼樹は街路に泳ぎいで、
ぴよぴよと芽生は萌えづるぞ。
みよ風景はいみじく流れきたり、
靑空にくつきりと浮びあがりて、
われひとゝ、
あきらかにしんに交歡す。

[やぶちゃん注:『創作』第四巻第六号・大正三(一九一四)年六月号掲載された。十一年後の「純情小曲集」(大正一四(一九二五)年八月新潮社刊)に「初夏の印象」と題を変えて所収されたものの初出である。「おんな」のルビはママ。なお、この詩は底本第二巻に所収する「習作集(哀憐詩篇ノート)」(「習作集第八巻」「習作集第九巻」と題されて残された自筆ノート分)の「習作集第八巻(一九一四、四)」に以下の標題(但し、この副題と添えた一節のように見えるものは、編者によって本「五月上旬」という本詩を更に「初夏景物」という題で同じ原稿の詩の下に改稿しようとしたものの中絶した三行と推定されるという主旨の補注がある。妥当であろう)と詩形・クレジットで所収している。

 五月上旬   初夏景物

      昆蟲白き血の流れしみ

 ものみな精液をつくすにより

      地上はあかるく

昆蟲の白き血の

精液の地上に流れしみ

地上はみなあかるく

おみなの白き指よりして

金貨はわが手にすべり落つ、

時しも五月のはじめつかた

幼樹は街路に泳ぎいで

ぴよぴよと芽生は光るぞ(萌えづるぞ)

靑空にくつきりと浮び■■あがりて、

我れひとゝ、しんにあきらかに交歡なす、

            (一九一四、四、一一)

「おみな」はママ。抹消された「光るぞ」の後の「(萌えづるぞ)」の丸括弧は朔太郎自身による。「■■」は二字末梢で原字の判読不能は不能であることを示した。

 私はこちらのポジティヴな総天然色のリアルなコーダこそがこの詩の本当の詩想だったと思う。しかし……朔太郎は詩集に採録するに際して、もしかすると……もうその時には、朔太郎の心の映像としての、そのクライマックス・シーンは……既にして悲劇的で突き放した絶対の孤独のモノクロームのそれに……最早、すっかり色あせて変色していたのだ……とも言えるのかも知れない。こんな私の評なんぞ、ちゃんちゃらおかしい……だって……かく書いている私だって……十一年前の私自身の感懐を……これ、最早、まるで理解出来なくなっているのだから……]

« 白い髯をはやした蟹 大手拓次 | トップページ | 初夏の印象 萩原朔太郎 (「純情小曲集」版) »