フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 14 | トップページ | 一言芳談 一三二 »

2013/04/02

人工による靈感 萩原朔太郎

       人工による靈感

 

 詩は靈感なしに作れない。しかも靈感は偶然であり、氣紛れの時にしかやつて來ない。ところでこの偶然を必然にし、人爲的に靈感を呼ぶ方法は――すくなくとも私の經驗によつて――ただ一つしかない。日常の生活樣式を變化させ、不眠、絶食、過勞、暴飮暴食、房事過度等によつて、肉體神經を衰弱させ、意識を變則的(アブノーマル)の狀態に導くのである。(實際に多くの詩人は、さうしたヒステリイ的狀態に於てのみ創作してゐる。)しかしもつと自然的な方法は、實生活上の烈しい打撃――失意や失戀など――によつて、精神を極度に痛め傷けることから、同じヒステリイの狀態になることである。だが我々は、求めてそんな苦勞してまで、詩を作る必要はどこにもないのだ。

 

[やぶちゃん注:昭和一五(一九四〇)年創元社刊のアフォリズム集「港にて」の冒頭パート「詩と文學 1 詩――詩人」の十九番目、先に示した「無能者のエゴイズム」の直後に配されたものである。下線「必要」は底本では傍点「◎」。朔太郎は詩の霊感は自然に生まれるもののみが真であると言いたいのである。否、人工的なアブノーマルな状態に自己を堕しめ、作為として「作る」詩は詩ではない、そうしなければ詩を書けない詩人は詩人ではないと言っているのであろう。確かに私も、そう、思う。]

« 沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 14 | トップページ | 一言芳談 一三二 »