フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳のうしろの野 大手拓次 | トップページ | 沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 25 »

2013/04/16

文學的蟲介類 萩原朔太郎

        ●文學的蟲介類

           (干潮の前に泳いでるもの)

 

 その本質に哲學を持たない文學者は、感覺の皮膚によつてのみ、時代の空氣を呼吸して居る。彼等は脊髓のない生物であり、毛細血管の末梢から、手探りのおぼつかない觸手を出して、時流の變轉を泳いで居る。彼等は走馬燈中の人物であり、時代の浪が引いたあとでは、乾池に干からびた蟲介みたいに、跡形もなく滅びてしまふ。

 

[やぶちゃん注:昭和四(一九二九)年第一書房刊のアフォリズム集「虚妄の正義」の冒頭に配された「藝術に就いて」の中の一章。朔太郎はその膨大なアフォリズムで自身の誌的人生「哲學」を語っているから、「その本質に哲學を持たない文學者」を似非文学者として批判している(ように見える)。「感覺の皮膚によつてのみ、時代の空氣を呼吸して居る」「脊髓のない生物であ」る惨めな、皮膚呼吸をするしかない無脊椎の下等生物としての「哲學を持たない文學者」を嘲笑している(ように見える)、「毛細血管の末梢から、手探りのおぼつかない觸手を出して、時流の變轉を泳いで居る」に過ぎない似非文学者は「時代の浪が引いたあとでは、乾池に干からびた蟲介みたいに、跡形もなく滅びてしまふ」と揶揄している(ように見える)。「走馬燈中の人物」は所詮、文学者たり得ないのだと言い放っている(ように見える)――しかし――指でものをなぞる極度のフェティシストであった朔太郎――「毛細血管の末梢から、手探りのおぼつかない觸手を出して」いる「竹」の朔太郎――「時代の浪が引いたあとでは、乾池に干からびた蟲介みたいに、跡形もなく滅びてしまふ」であろう、「くさつた蛤」としての人間という疾患としての朔太郎――真昼間に幻灯機で夜の雲を天井に「走馬燈」の如く投影して閉じこもって寝ていた朔太郎……「干潮の前に泳いでる」健全なる人間からスポイルされた畸形者としての「文學的蟲介類」たる存在は――萩原朔太郎自身でもある。]

« 耳のうしろの野 大手拓次 | トップページ | 沢庵宗彭「鎌倉巡禮記」 25 »