フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 北條九代記 長沼五郎太輔房重慶を討つ 付 長沼實朝卿の政道を罵る | トップページ | 鬼城句集 春之部 薺 »

2013/04/15

栂尾明恵上人伝記 17 高雄帰還の顛末

 白上の庵聊か難儀なる事ども有りて、栖みたくもなくて、何くにも眺望心に叶ひたる處あらば、暫く住せんと思ひて、相知りたる在家(ざいけ)の人を道しるべにて、淡路國に渡りて、嶋の躰(てい)を見廻りぬ。然れどもさりぬべき處も無し。かゝる所に、文覺上人所勞難治(しよろうなんぢ)の由、同法の許より告げたりしかば、今一度向顏(かうがん)の爲に、又高雄へ歸りぬ。然るに、上人の所勞少し減氣(げんき)せり。上人告げて云はく、深く思ふ樣あり、此の寺の近き所に閑居の地多し、枉(ま)げて草庵を結びて住し給へ。此の山の奧の岩屋の向に大盤石(だいばんじやく)あり。其の體(てい)興(きよう)あり。彼の上に庵を作りて進(まゐら)すべし。其猶御心に叶はずは、梅尾(とがのを)に庵を造りて進(まゐら)すべし。彼(かしこ)に過ぎたる閑居あらじ。處がらも興あり。佛法久住(くぢゆう)すべき地形あり。運慶法師が造りたる釋迦の像付屬し奉らんなんど、樣々ねんごろに留めらる。又即時に唐本(たうほん)の十六羅漢を取り寄せてたびなんどして、丁寧に仰せらる。老病聊か少減の體なれども、心神いまだ快からず、露命且暮(ろめいたんぼ)を期(き)し難し、何に見捨て給ふぞなんどいさめられし程に、暫(しばらく)と思ひて住する所に、衆僧擧(こぞ)りて所望(しよもう)の間、辭するに處なくして、探玄記(たんげんき)を講ずと云々。其の夜の夢に、春日大明神此の宗の傳通を悦び給ひて、坊の緣(えん)に立ち寄りて舞ひ給ふと見る。

« 北條九代記 長沼五郎太輔房重慶を討つ 付 長沼實朝卿の政道を罵る | トップページ | 鬼城句集 春之部 薺 »