フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 昨日渡唐セル修行僧ノ見タル江ノ島 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 15 二十四歳――自ら自身の右耳を切り落とす »

2013/04/12

栂尾明恵上人伝記 14 二十三歳 遁世の痛快なるケツまくり

 建久四年〔癸丑〕華嚴宗興隆の爲に公請(くせう)つとむべき評定(ひやうぢやう)あり。學黨(がくたう)雌雄の諍(あらそ)ひ、是を營みて聖意(せいい)を求め、是を憑(たの)みて佛法の益(やく)を得んとも覺えざればあぢきなきことなり。今は此の如き僧中を出でゝ、文殊を憑(たの)み奉つて佛道の入門を得んことを思ひて、高雄を出で、衆中(しゆうちゆう)を辭して、紀州に下向す。其の時詠じ給ひける。

 

  山寺は法師くさくてゐたからず心淸くばくそふくにても

 

[やぶちゃん注:「くそふく」雪隠。厠。便所。「糞拭く」の意。]

 

 湯淺(ゆあさ)の楢原村白上(ならはらむらしらがみ)の峰に、一宇の草庵を立て、居(きよ)をしむ。其の峰に大盤石(だいばんじやく)、左右に聳えて、小(ちいさ)き流水前後に出づ。彼の高巖(かうがん)の上に二間(ふたま)の草庵を構へたり。前(まへ)は西海(せいかい)に向へり。遙(はるか)に淡路島を望めば、雲晴れ浪靜かにして、眼(まなこ)窮(きはま)り難し。北に亦谷(たに)あり、鼓谷(つゞみだに)と號す、溪嵐(けいらん)響(ひゞき)をなして、巖洞(がんどう)に聲(こゑ)を送る。又草庵の緣(えん)を穿(うが)ちて、一株(ひとかぶ)の老松(おいまつ)あり。其の下に繩床(じやうしやう)一脚(きやく)を立つ。又西南の角(すみ)二段ばかり下に當つて、一宇の草庵を立つ。是は同行來入(どうぎやうらいにふ)の爲なり。此の所にして、坐禪・行法・寢食を忘れて怠りなし。或時は佛像に向ひて、在世(ざいせい)の昔を戀慕し、或時は聖教(しやうげう)に對して、説法の古(いにしへ)をうらやむ。


明恵、満22歳。

――あの山寺は、坊主どもが、如何にもクッサくてクッサくてたまんないから、居たくねえ……心を清くしていられるのだったら――糞拭く便所に住んだっていいさ!

美事にケツをまくって神護寺を後にした――
何とまあ――痒かったケツがすっきりするような、痛快な遁世ではないか!

« 昨日渡唐セル修行僧ノ見タル江ノ島 | トップページ | 栂尾明恵上人伝記 15 二十四歳――自ら自身の右耳を切り落とす »